雑学

3分で簡単にわかる!通常版と廉価版の違いとは?劣化版との違いもメーカー勤務の会社員ライターがわかりやすく解説

この記事では通常版と廉価版の違いについてみていきます。スマートフォンなどの製品を購入する時に通常版の製品を買うか、それともちょっと性能を落とした廉価版を買うか悩むことがあるよな。今回はその通常版と廉価版の選び方と、これらに似たもので劣化版との違いについてをメーカー勤務の会社員ライターのちょびと一緒に解説していきます。

ライター/ちょび

ビジネス書が大好きな読書家Webライター。FPの資格やAWSの資格を取得し、金融知識やITについての情報を発信している。

通常版と廉価版の違いとは?

image by iStockphoto

製品を購入する際、多くの人が通常版と廉価版の選択に直面します。この2つの違いは何でしょうか?これらの違いについてみていきましょう。

廉価版の特徴

廉価版は通常版と比較して機能や性能が劣っている場合があります。スマートフォンで例えると、製品の開発や製造に必要な費用を削減するために、通常版よりもカメラの性能が低い部品やストレージ容量を小さくして製造することで、低価格化を実現しているのです。

また、廉価版は低価格化のために製品のデザインが単純化されることも。例えばノートパソコンの場合、通常版はアルミニウム製の筐体を採用している一方で、廉価版はプラスチック製の筐体を採用して、製造コストを下げて低価格化を実現しています。

\次のページで「劣化版との違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: