今回はキャバ嬢とホステスの違いについて解説していきます。キャバクラやクラブに行くと、女性が接客してくれるよな。彼女たちがどのような仕事をしているのか、またキャバ嬢とホステスにはどんな違いがあるのかを知っているでしょうか。一見すると同じような仕事に見えるが、実はそれぞれに違った役割がある。今回はそんな夜のお店に欠かせない仕事の違いを、定義から確認しつつ、元キャバ嬢ライターの篠崎まおと一緒に解説していきます。

ライター/篠崎まお

文学部卒の元キャバクラ嬢ライター。お酒と賑やかな雰囲気が大好き。夜のお店での経験をもとに、わかりやすく解説していく。

違いその1.働くお店

image by iStockphoto

キャバ嬢とホステスは、どのようなお店で働く女性のことを指すのでしょうか。それぞれのお店に特徴があり、お客様に楽しいひとときを提供するために、様々なスキルを駆使して働いています。ここからはキャバ嬢とホステスが働くお店をそれぞれみていきましょう。

キャバ嬢:キャバクラ

キャバ嬢はキャバクラで働く女性を指します。東京は歌舞伎町や六本木、大阪は難波や梅田がキャバクラの街として有名ですよね。キャバ嬢とお酒を飲みながら楽しむ場で、接待や歓送迎会に利用されることも多いです。また一部のキャバクラでは踊りや歌のパフォーマンスが行われることも。

ただし風俗店ではないため性的なサービスは提供されず、要求した場合には出禁になることもあります。

ホステス:高級クラブ・クラブ

ホステスは高級クラブやクラブで働く女性を指します。東京では銀座や麻布十番、大阪では北新地が高級クラブの街として有名ですよね。キャバクラと同じく女性とお酒を楽しむ場で、高級な内装や上質なサービスが提供されるお店です。

一定の客層をターゲットにしていることが多く、一見さんお断りのお店もちらほら。ドレスコードがあるお店もあり、裕福な人たちが利用していることが多いです。クラブも風俗店ではないので、性的なサービスは提供されません。

違いその2.仕事内容や接客スタイル

キャバ嬢は「キャバクラ」ホステスは「クラブ」で働く女性であることがわかりました。それぞれどのような仕事内容で、違いはあるのでしょうか。ここからは仕事内容や接客スタイル、求められるスキルなどをそれぞれ紹介していきます。

\次のページで「キャバ嬢:明るく元気な接客」を解説!/

キャバ嬢:明るく元気な接客

キャバ嬢の仕事内容はお客様にお酒を提供し、会話を楽しんだりたばこの火をつけたりなどの接待です。スキルは明るく元気な接客やおしゃべりの能力、華やかな外見やファッションセンスなどが求められます。また夜間の勤務になるので、自己管理の能力も大切です。

ホステス:落ち着いた接客

ホステスもキャバ嬢と同じようにお酒を提供したり、会話を楽しんだりが主な仕事内容です。キャバ嬢よりもさらに高級感のあるサービスを求められるので、華やかで洗練された外見やマナー、高いコミュニケーション能力やおもてなしの心が必要とされます。さらに、VIPの接待も担当することがあるため、慎重かつ落ち着いた対応が大切です。

違いその3.服装やメイク

image by iStockphoto

キャバ嬢とホステスは服装やメイクにも違いがあります。銀座の高級クラブのママが、着物を着ているイメージをもつ人も多いのではないでしょうか。店によっても違いはありますが、ここからはそれぞれの服装とメイクの違いを解説していきます。

キャバ嬢:派手で華やかな雰囲気

キャバ嬢の服装やメイクは派手で華やかなのが特徴です。接客中はドレスやワンピースなどの露出度の高いものが多く、鮮やかな色や柄が好まれています。ヒールの高いパンプスやアクセサリーなどの小物も重要な要素です。

ホステス:控えめで落ち着いた雰囲気

ホステスの服装やメイクは、キャバ嬢と比べると控えめで落ち着いた印象です。接客中はドレスやワンピース、着物を着ているお店も。お店によってはキャバ嬢と同じように、派手な服装を求められる場合もあります。

違いその4.給料形態の違い

お金を稼げるイメージのある、夜のお店。キャバ嬢とホステスはどのように稼いでいるのでしょう。また給料形態に違いはあるのでしょうか。お店によっても様々ですが、それぞれの給料形態を解説していきます。

キャバ嬢:売り上げに応じた歩合制

キャバ嬢は基本給に加えて、売り上げに応じた歩合給やドリンクバックなどが含まれます。売り上げによって時給が変わるお店もあり、何万円もの時給になる人も。お店によっては1時間を1本とし、本数によって時給が変動する店もあります。お客様からチップをもらえることもあり、自分のスキルや努力次第で稼ぎを増やすことが可能です。

ホステス:日給制

ホステスの働く高級クラブは、キャバクラの時給制とは違い日給制のお店が多いです。容姿や出勤日数、売り上げなどを考慮して日給が決まります。また、売り上げが多いホステスは売り上げ制の場合も。お店によって給料形態は様々ですが、キャバクラと同様に自分の努力によって稼ぎを増やすことができます。

ラウンジ嬢との違いは?

image by iStockphoto

ラウンジ嬢はラウンジで働く女性のことです。仕事内容は、お客様と楽しくおしゃべりをすること。タバコの火をつけたりお酒を作ったり、そのようなこまごました仕事は黒服がしてくれる店が多いです。また服装もきれい目のワンピースを着用していることが多く、キャバクラやクラブに比べるとラフに働くことができます。

\次のページで「どちらも接客スキルが求められる仕事!」を解説!/

どちらも接客スキルが求められる仕事!

ここまでキャバ嬢とホステスの違いを解説してきました。キャバ嬢はキャバクラで働く、華やかで派手な女性のこと。ホステスはクラブで働く、比較的落ち着いたマナーやおもてなしの心を重要視している女性のことでした。どちらも夜のお店でお客様を相手にする仕事で、接客スキルが求められます。興味がある人は1度経験してみるのもいいかもしれませんね。

" /> 簡単でわかりやすい!キャバ嬢とホステスの違いとは?ラウンジ嬢との違いも元キャバ嬢ライターが詳しく解説 – Study-Z
雑学

簡単でわかりやすい!キャバ嬢とホステスの違いとは?ラウンジ嬢との違いも元キャバ嬢ライターが詳しく解説

今回はキャバ嬢とホステスの違いについて解説していきます。キャバクラやクラブに行くと、女性が接客してくれるよな。彼女たちがどのような仕事をしているのか、またキャバ嬢とホステスにはどんな違いがあるのかを知っているでしょうか。一見すると同じような仕事に見えるが、実はそれぞれに違った役割がある。今回はそんな夜のお店に欠かせない仕事の違いを、定義から確認しつつ、元キャバ嬢ライターの篠崎まおと一緒に解説していきます。

ライター/篠崎まお

文学部卒の元キャバクラ嬢ライター。お酒と賑やかな雰囲気が大好き。夜のお店での経験をもとに、わかりやすく解説していく。

違いその1.働くお店

image by iStockphoto

キャバ嬢とホステスは、どのようなお店で働く女性のことを指すのでしょうか。それぞれのお店に特徴があり、お客様に楽しいひとときを提供するために、様々なスキルを駆使して働いています。ここからはキャバ嬢とホステスが働くお店をそれぞれみていきましょう。

キャバ嬢:キャバクラ

キャバ嬢はキャバクラで働く女性を指します。東京は歌舞伎町や六本木、大阪は難波や梅田がキャバクラの街として有名ですよね。キャバ嬢とお酒を飲みながら楽しむ場で、接待や歓送迎会に利用されることも多いです。また一部のキャバクラでは踊りや歌のパフォーマンスが行われることも。

ただし風俗店ではないため性的なサービスは提供されず、要求した場合には出禁になることもあります。

ホステス:高級クラブ・クラブ

ホステスは高級クラブやクラブで働く女性を指します。東京では銀座や麻布十番、大阪では北新地が高級クラブの街として有名ですよね。キャバクラと同じく女性とお酒を楽しむ場で、高級な内装や上質なサービスが提供されるお店です。

一定の客層をターゲットにしていることが多く、一見さんお断りのお店もちらほら。ドレスコードがあるお店もあり、裕福な人たちが利用していることが多いです。クラブも風俗店ではないので、性的なサービスは提供されません。

違いその2.仕事内容や接客スタイル

キャバ嬢は「キャバクラ」ホステスは「クラブ」で働く女性であることがわかりました。それぞれどのような仕事内容で、違いはあるのでしょうか。ここからは仕事内容や接客スタイル、求められるスキルなどをそれぞれ紹介していきます。

\次のページで「キャバ嬢:明るく元気な接客」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: