雑学

簡単で分かりやすい嘱託社員と契約社員の違い!雇用の仕方などを文学部卒ライターが詳しく解説!

この記事では嘱託社員と契約社員の違いについてみていきます。どちらも正社員ではないというイメージがあるよな。雇用されている年齢やスキルの差も含めて、細かく見ていくと雇用の仕方や労働時間によって呼び方が異なるようです。
今回は、嘱託社員と契約社員、両者の働き方の違いを表す語句の違いを定義から確認しながら、文学部卒ライターの海辺のつばくろと一緒に解説していきます。

ライター/海辺のつばくろ

なぜ非正規雇用で名前が違うのかと、気になって調べてみた文学部卒ライター。

嘱託社員と契約社員のざっくりした違い

image by iStockphoto

嘱託社員も契約社員も、企業の正社員と違って非正規雇用であるというイメージがあります。ただ、嘱託社員とされる人は十分なスキルを積んだ人、ベテランのスタッフというイメージ。契約社員は年齢も、スキルもまちまちで働く時間も長いというように感じられます。果たしてどのような所が違うのでしょうか。

嘱託社員の定義とは?

image by iStockphoto

嘱託社員とは、法律でしっかりとした定義があるわけではありません。非正規雇用のうちの1つの雇用形態で、勤務先と雇用する期限が決められた契約をして働く社員のことをいいます。

「嘱託」という言葉は、仕事などを依頼して任せる、ある業務に就くことを頼むなどの意味です。そのため、嘱託社員には仕事を任せられるだけの十分なスキルがあるとみなすこともしばしば。契約社員よりも能力を重視されているイメージが強いかもしれません。

\次のページで「1.定年者の再雇用」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: