この記事ではよしずとすだれの違いについてみていきます。どちらも昔から日本に伝わる、厳しい夏の暑さを避けるためのエコな日除けです。どちらも細い木材や植物を編んで作られているが、設置の仕方や材料の違いによって細かく分けられるようです。
今回はそんな日本の夏に欠かせないアイテムの違いを、できるだけ電気代がかからないように夏を乗り切りたい文学部卒ライター海辺のつばくろと一緒に解説していきます。

ライター/海辺のつばくろ

夏の日差しを避けて、少しでも涼しくしようと扇風機とすだれを愛用している文学部卒ライター。

よしずとすだれのざっくりとした違い

image by iStockphoto

よしずもすだれも夏の日差しを避けて、少しでも涼しくする季節商品。よしずは大きく、すだれはいろいろな大きさがある点で違いを感じる方もいるでしょう。この2つの違いは他にどのような所があるのでしょうか。

よしずとは?

image by iStockphoto

よしずとは、2~3mと高さがあり、大型で屋外で使うもの。編み目に対して垂直にして使うのが一般的です。強い日差しを遮り、風通しが良いので、体感温度を下げる働きも期待できます。通りすがりの人の視線を避けられるため、商業施設などでもよく見かけますね。

主なものでは、海水浴場にある海の家や、露天風呂の壁の代わり、夏祭りの露店の間仕切りなどで見たことがあるという方もいるかもしれません。

1.素材:よし

よしずで使われている素材は、植物の「葦」(よし)の茎の部分。葦はイネ科の植物で、海岸沿いや水辺に群れをなすように自生していました。条件が良ければ5mの長さにまで成長します。葦の茎は、刈り取ってから乾かすと樹木のように丈夫な細い棒状に。中は空洞で軽くて加工しやすく、丈夫な紐で編んでよしずを作りました。

現代では葦の生産量が減少しているため、輸入品を使っていることが多いです。

2.設置の仕方:立てかける

よしずの設置の仕方は、編み目に対して垂直方向を上下にして立てかけます。屋外の軒下や縁側部分、庭先の柵などのところに斜めがけするように置きましょう。

\次のページで「3.メリット:屋外に簡単に設置できる」を解説!/

3.メリット:屋外に簡単に設置できる

よしずを使うメリットは、特に道具や留置をするための部品がなくても、そのまま屋外に簡単に設置できるところです。例えば、庭木や鉢植えの花や草木を育てていて、直射日光に弱い植物がある場合は周りに簡単に立てるだけで日差しが遮られます。

エアコンの室外機の周囲によしずを置くと、室外機の温度が下がって冷房の効果が上がるというメリットも。温暖化対策や電気代のコストを抑えたい時にも、よしずが活躍します。

4.デメリット:風で飛ばされる

設置が簡単に済むという反面、風の強い地域では飛ばされる恐れがあるというデメリットも。特に、2階以上の場所によしずを置くと落下して思わぬ被害が出ることも予想されますね。紐を繋いで物干し台などに結び付けたり、重量がある石などを重しにしたりする対策が必要なこともあるので注意しましょう。

すだれとは?

image by iStockphoto

すだれは、よしずとは逆に編み目を水平の方向にして使うもの。使う場所に合わせて、幅や長さなどを選べます。縦が長い場合には、くるくると丸めて留められることも。一般的によしずよりも小さめのサイズです。

1.素材:竹や藁が多い

すだれの素材には、竹や藁が使われているものがほとんど。細く割って、紐で結び合わせて編むように作られているのが一般的。竹よりも藁のほうが安価です。室外用は竹や藁製が多いですが、室内用はインテリア性が高く、カラフルなプラスチックや適度な強さがあるシリコンが使われていることも。

2.設置の仕方:窓辺に吊るす

最上部の木製の穴に、丈夫な紐を付け窓辺に渡しかけた棒と結び合わせて吊るして使います。サッシにネジで取り付けられるつり具を留めて、すだれをかける方法も。巻取り式やフック式で挟み込んでカーテンのように使えるタイプもありますよ。

\次のページで「3.メリット:室外・室内に取り付けできる」を解説!/

3.メリット:室外・室内に取り付けできる

よしずは室外だけですが、すだれは様々な幅や長さのものが揃っているため、室外や室内を問わず取り付け可能。

室外につける場合は、日差しの熱が室内に持ち込まれることがないので、涼しく過ごせます。虫が苦手な場合は、窓に虫がつきにくくなるというメリットもありますよ。室内に吊るして使う場合は、外からの目隠しにも。カーテンよりも隙間が大きく風通しも抜群です。

4.デメリット:設置に手間がかかる

よしずはそのまま立てかけるだけですが、すだれは設置に部品が必要になります。取り付ける手間部品を用意する手間もかかりますし、部品も別売りであることがほとんど。棒を取り付けるのが大変であれば、サッシに部品をネジ止めできるタイプが使いやすいですよ。

よしずは屋外に立てかけて、すだれは窓に吊るして使う

よしずとすだれは外見が良く似ていますが、よしずは素材に葦が使われて屋外に立てかけて使います。一方、すだれは竹や藁が主な素材で、窓に吊り具を使って、室外でも室内でも吊るして使えるというのが特徴です。

" /> 簡単で分かりやすいよしずとすだれの違い!素材や設置方法も文学部卒ライターが詳しく解説 – Study-Z
雑学

簡単で分かりやすいよしずとすだれの違い!素材や設置方法も文学部卒ライターが詳しく解説

この記事ではよしずとすだれの違いについてみていきます。どちらも昔から日本に伝わる、厳しい夏の暑さを避けるためのエコな日除けです。どちらも細い木材や植物を編んで作られているが、設置の仕方や材料の違いによって細かく分けられるようです。
今回はそんな日本の夏に欠かせないアイテムの違いを、できるだけ電気代がかからないように夏を乗り切りたい文学部卒ライター海辺のつばくろと一緒に解説していきます。

ライター/海辺のつばくろ

夏の日差しを避けて、少しでも涼しくしようと扇風機とすだれを愛用している文学部卒ライター。

よしずとすだれのざっくりとした違い

image by iStockphoto

よしずもすだれも夏の日差しを避けて、少しでも涼しくする季節商品。よしずは大きく、すだれはいろいろな大きさがある点で違いを感じる方もいるでしょう。この2つの違いは他にどのような所があるのでしょうか。

よしずとは?

image by iStockphoto

よしずとは、2~3mと高さがあり、大型で屋外で使うもの。編み目に対して垂直にして使うのが一般的です。強い日差しを遮り、風通しが良いので、体感温度を下げる働きも期待できます。通りすがりの人の視線を避けられるため、商業施設などでもよく見かけますね。

主なものでは、海水浴場にある海の家や、露天風呂の壁の代わり、夏祭りの露店の間仕切りなどで見たことがあるという方もいるかもしれません。

1.素材:よし

よしずで使われている素材は、植物の「葦」(よし)の茎の部分。葦はイネ科の植物で、海岸沿いや水辺に群れをなすように自生していました。条件が良ければ5mの長さにまで成長します。葦の茎は、刈り取ってから乾かすと樹木のように丈夫な細い棒状に。中は空洞で軽くて加工しやすく、丈夫な紐で編んでよしずを作りました。

現代では葦の生産量が減少しているため、輸入品を使っていることが多いです。

2.設置の仕方:立てかける

よしずの設置の仕方は、編み目に対して垂直方向を上下にして立てかけます。屋外の軒下や縁側部分、庭先の柵などのところに斜めがけするように置きましょう。

\次のページで「3.メリット:屋外に簡単に設置できる」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: