アメリカの歴史世界史

スペイン人に征服されたインカ帝国の遺跡「マチュピチュ」の歴史と今について元大学教員が簡単にわかりやすく解説

マチュピチュという古代遺跡を知っているか?アンデス山麓にあるインカ帝国の遺跡です。インカ帝国はスペイン人のピサロにより征服されて滅びたとされている、マチュピチュがどうして作られたのかは謎に包まれている。

今回はマチュピチュとはどのような遺跡なのか、誰がどんな意図をもって作ったのか、インカ帝国の歴史なども踏まえて、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していきます。

ライター/ひこすけ

アメリカの文化と歴史を専門とする元大学教員。気になることがあったらいろいろ調べている。今回は世界遺産に登録されているものの実態がほとんど分かっていないマチュピチュについてまとめてみた。

マチュピチュとはどんな遺跡なのか?

image by PIXTA / 76351978

マチュピチュはスペイン語でMachu Picchu。5世紀に存在していたインカ帝国の遺跡とされています。マチュピチュがあるのは、アンデス山麓の一部であるペルーのウルバンバ谷に沿ったところ。標高2430メートルのところに位置しています。

マチュピチュはインカ帝国の首都ではない

マチュピチュは壮大な遺跡のためインカ帝国の首都と思われがちです。ところがインカ帝国の首都はクスコ。マチュピチュよりも約1000メートルも高いところにあります。クスコは現在も栄えており、その街並みは世界遺産にも指定されました。いわばペルー有数の都市という位置づけです。

インカ帝国の首都よりも低い標高にどうしてマチュピチュを作ったのかは今でもはっきりと分かっていません。その理由が文字。アンデス民族は文字により記録を残すという習慣がありませんでした。スペイン人により1533年に滅ぼされてしまったため、マチュピチュがどのように使用されていたのか知ることはできないのです。

マチュピチュは正式な名前ではない

教科書にも記載されているマチュピチュ。しかし本当の名前は別にありました。インカ帝国はこの都市をワイナピチュと呼んでいたされています。

ワイナというのは先住民ケチュアの「若い」もしくは「新しい」という言葉。ピチュは「山頂」という意味です。それに対してマチュは「古い」という意味。一般的に私たちはこの遺跡を「古い山頂」と呼んでいたことになるでしょう。

原住民にその名前を確認したところ、山頂のことを聞かれたと思ってマチュピチュと答えたことが名称の混乱の原因。そのままインカ帝国の遺跡はマチュピチュという名前で広まっていきました。本来はワイナピチュと変更するべきですが、マチュピチュはあまりにも有名な遺跡。さらなる混乱を避けるためにそのままになっています。

マチュピチュを作ったインカ帝国とは?

image by PIXTA / 81302339

マチュピチュを作ったのはインカ帝国。ペルー、ボリビア、エクアドル一帯にケチュア族が築いた帝国です。12世紀頃、ケチュア族はクスコに移り住み、インカ族となりました。これがインカ帝国の始まりです。コロンビア南部からチリ中部まで支配エリアを広げていきました。最終邸に南北で南北4000メートルに至る巨大帝国を築きます。

\次のページで「ケチュア族の官僚制度」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: