雑学

簡単でわかりやすい!時間外労働と残業の違いとは?所定外労働や法定時間外、36協定も政治学科卒ライターがくわしく解説

この記事では「時間外労働」と「残業」の違いについてみていきます。どちらも定められた時間以上に仕事をすることを意味しているな。残業は時間外労働のなかの1つであるらしいのです。調べてみると所定労働時間や、法定労働時間、36協定など労働法や働き方に関する枠組みがさまざまあることが分かってきたぞ。今回はそんな「働く時間」の定義について政治学科卒ライターyukoと一緒に解説していきます。

ライター/yuko

工事会社勤務9年目現役OLライター。法学部政治学科を卒業。大学在学中は近代政治を中心に学んできた。自分の知らないルールのなかで、生きていくということに違和感を持ち、法律や政治制度について学びたいと思ったのが政治学科を選んだ理由。大学4年間での学びを活かしてわかりやすく解説していく。

残業は時間外労働のうちの1つ

image by iStockphoto

残業は時間外労働のうちの1つ。残業の他にも、早出や休日出勤なども時間外労働にあたりますね。時間外労働について理解するために、まずは「法定労働時間」と「所定労働時間」について整理していきましょう。

法定労働時間とは、労働基準法で定められた労働時間のことで原則として1日8時間,、週40時間所定労働時間は、法定労働時間内で企業が定めた労働時間のことです。ここからくわしくみていきましょう。

\次のページで「法定外労働:労働基準法で定められた時間を超えての労働」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: