生き物・植物雑学食べ物・飲み物

簡単でわかりやすい!「キンキ」と「キンメダイ」の違いは7つ?成分やおすすめの調理法もグルメ好きライターが詳しく解説

2.煮つけ

2つ目の調理法は煮つけ。甘辛いタレで煮ることで、キンキやキンメダイの身と脂の旨味が最大限に引き出されます。タレには脂が溶け込んでいますので、身をタレにからめて食べるといっそう深い味わいに。煮つけ自体がおいしいのはもちろんのこと、ごはんと一緒に食べても絶品です。1尾丸ごと煮つけにすれば、豪華で特別な雰囲気を楽しむことができます。

キンキとキンメダイを見分けて食べてみよう

見た目も名前もよく似たキンキとキンメダイには、大きく7つの違いがあることが分かりました。違いを知れば簡単に見分けることができ、好みや予算に合わせて選ぶことができます。どちらも脂がのったおいしい魚。レストランで注文したり、家庭で調理したりするときには、ご紹介したおすすめの調理法をぜひ参考にしてみてくださいね。

1 2 3 4
Share: