雑学

簡単でわかりやすい!ナウマンゾウとマンモスの違いとは?生きていた時代や地域の違いについて生物学専攻ライターが詳しく解説

この記事ではナウマンゾウとマンモスの違いについてみていきます。2つとも「絶滅したゾウの仲間」というイメージがあるよな。じつはマンモスでは、ナウマンゾウよりも研究が進んでいる。そして現存のアジアゾウの親戚であるマンモスは、クローン技術で復活するかもしれなのです。今回はそんな古生物の違いを、ライター2scと一緒に解説していきます。

ライター/2sc

理系の大学院に通うかたわら、ライターとして活動。技術から生活までさまざまな知識を、科学の視点で解説する。この記事では絶滅したゾウ科動物である、ナウマンゾウとマンモスの違いについてわかりやすく解説していく。

ナウマンゾウとマンモスを大まかに比較

image by iStockphoto

ナウマンゾウもマンモスも、遠い昔に絶滅したゾウの仲間。どちらも化石の状態で出土しています。以下では、そんなゾウの仲間の大まかな特徴について紹介。彼らがどのような生き物だったか、みていきましょう!

現存のゾウとは少し違う「ナウマンゾウ」

ナウマンゾウの分類は独特。彼らはアフリカゾウやアジアゾウの祖先ではありません。ゾウ科はパレオロクソドン属という、現存しないグループに分類されます。そんなナウマンゾウの化石は、明治時代の神奈川県・横須賀市で初めて出土しました。種名の由来は、その化石を初めて研究したエドムント・ナウマン氏。じつはかつて、日本にもゾウがいたのです。

これまで日本全国で、ナウマンゾウの化石が出土しています。もっとも多く出土する部位は臼歯。生涯に5回も生え変わるゾウ科動物の歯は、化石として残りやすい部位なのです。ほかにも北海道は幕別町忠類で、全身の骨格が出土。出土する化石の量からも、日本には多くのナウマンゾウが生息していたと示唆されています。

毛皮や肉も残っているマンモス

ゾウ科マンモス属の動物の総称が「マンモス」です。じつはマンモス属は、現存するアジアゾウ属に極めて近縁。両者の間にある差は、一見似ているアジアゾウとアフリカゾウの差よりも小さいのです。舌骨の形やDNAなど、これを裏付けする複数の証拠が集められています。なぜ遠い昔に絶滅したマンモスの事実が、ここまで明らかになっているのでしょうか。

じつはシベリアのツンドラ地帯では、「氷漬けのマンモス」が出土しています。マンモスの死体は、なんと一万年もの間その毛皮や肉が腐ることなく、氷の中で保存されていたのです。そのため研究だけでなく、彼らを復活させる試みも進んでいます。この記事ではまず、ナウマンゾウとマンモスの違いについて徹底解説。マンモスの復活についてもみていきましょう。

ナウマンゾウとマンモスの具体的な違い

image by iStockphoto

以下では、ナウマンゾウとマンモスの具体的な違いを3つ紹介します。その中でも「見た目の違い」は必見。じつは両者は骨格レベルで異なるのです。まずは彼らが辿ってきた歴史の違いから、みていきましょう!

\次のページで「違い1.生きていた時代」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: