現代社会

田中義一による「田中外交」とは?その詳しい内容を田中義一の生涯とともに歴史好きライターがわかりやすく解説

今回は、田中義一について学んでいこう。

田中義一は、それまでの日本の外交路線から大きく方針を転換した「田中外交」を実施した。果たして、田中外交とはどのようなものだったのでしょうか。

田中義一の生涯を振り返るとともに、田中外交がどのような内容だったかを、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していきます。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

田中義一が軍人として名を揚げるまで

image by iStockphoto

まずは、田中義一の若かりし頃から軍人として名を揚げるまでを見ていくことにしましょう。

13歳で萩の乱に加わる

田中義一(たなかぎいち)1864(元治元)年に現在の山口県萩市で生まれました。父は長州藩の下級武士でした。義一が幼少の頃に明治政府が樹立されましたが、武士は特権を奪われたため、全国各地で士族の反乱が発生します。山口県では萩の乱が起こり当時13歳の義一も参加しました

田中は20歳になると陸軍教導団に入ります。その後、陸軍士官学校や陸軍大学校を卒業すると田中は日清戦争に従軍しました。戦争が終結した後の田中はロシアに留学。ロシア研究やロシア軍の調査などに勤しみ、ロシア通を自負するほどまでになりました。

日露戦争に参加

1904(明治37)年に開戦した日露戦争では田中義一は満州軍参謀として参加。その頃に、後に深く関わることになる張作霖(ちょうさくりん)と知り合ったとされます。日露戦争が終わると、田中は山縣有朋に抜擢されました。当時は陸軍中佐でしたが、帝国国防方針の原案作成を命じられたのです

1910(明治43)年には現役を離れた軍人のための団体である在郷軍人会を組織。さらに、軍事課長や軍務局長などを歴任しました。1915(大正4)年に参謀次長となり中将にまで昇進しています。なお、1921(大正10)年には陸軍大将に任ぜられました。

2度陸軍大臣に就任した田中義一

image by iStockphoto

田中義一は、陸軍所属時に2度陸軍大臣に就任しています。その時の様子を簡単に見てみましょう。

\次のページで「原敬内閣」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: