世界史の教科書でマニ教という名前を聞いたことはあるか。名前なら知っているという人は多いでしょう。でも、どんな人が信者なのかというと、全く分からないというのが現状です。

実は現在マニ教を信仰している人はいないとされている。そんなかつて世界で広く信仰されていたマニ教について、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していきます。

ライター/ひこすけ

アメリカの歴史と文化を専門とする元大学教員。宗教の歴史にも興味があり気になることがあったら調べている。今回はかつての世界宗教でありながら現在は信者がゼロとされるマニ教についてまとめてみる。

マニ教はサーサーン朝ペルシャで生まれた宗教

Birth of Mani.jpg
By Unknown author - https://www.facebook.com/OrientationsMagazine/photos/a.125960210786027/949253358456704/?type=3&theater, Public Domain, Link

マニ教が生まれたのはサーサーン朝時代のペルシャ。開祖は預言者のマニ。漢字では摩尼と記されます。ゾロアスター教、キリスト教、仏教などの教義をさまざまなに織り交ぜていることがマニ教の特徴。教団は布教する際にキリスト教や仏教を名乗ることも。寛容な内容により信者を増やし、北アフリカから中国に至るまで広く信仰されました。

貴族の父と王族の母から生まれたマニ

貴族の父と王族の母のあいだに生まれたのがマニ。古代イランの王朝の血統を引く身分でした。当時のメソポタミアにはさまざまな思想や宗教が流入する過渡期。マニも、ユダヤ教やキリスト教などに加え、ピタゴラス派、マルキオン派、ミスラ教などの少数派の宗教結社に触れる機会もありました。

そんな環境で父親が女人禁制のエルカサイ教団に出家。家族を捨てて教団に入ります。マニはしばらくのあいだ母親に育てられていました。4歳のときに父親が迎えにきてマニを教団に迎え入れます。そこでマニはユダヤ教やキリスト教の教義を学んでいきました。とくにマニはキリスト教のなかでは「外伝」という位置づけの黙示録に興味を持ちます。

マニは24歳のときに神の啓示を受ける

マニは12歳ころから預言者としての使命を自覚するようになります。本格的に開教したのはマニが24歳のとき。自分のことをブッダやイエスなどに続く最後の預言者と自覚。エルカサイ教団のなかで独自の行動をとるようにします。そのひとつが農業。農作業を、植物に秘められた光を壊すからと拒否して、エルカサイ教団を追放されました。

マニが教団を離れたとき行動を共にしたのは2人。親友のアブサクヤーと友人のシメオンでした。父親はマニを説得するために追いかけてきましたが、最終的にマニと行動を共にすることを決意。旅の道中にマニが病気を治した少女と姉妹も参加。最終的にマニたちは、サーサーン朝の皇帝の信頼を得て教会を形成。弟子たちの布教活動も功を奏し、影響力を広げていきました。

マニ教を形成している宗教

image by PIXTA / 29865208

マニ教は複数の宗教を織り交ぜて教義が形成されました。その主な宗教とは、キリスト教、ユダヤ教、ゾロアスター教、ミスラ教、ズルワーン教、グノーシス主義、そしてメソポタミア神話など。ここでは、取り上げられることの少ないミスラ教とグノーシス主義について紹介します。

\次のページで「ミスラ教はマニ教の形成に大きな影響を与える」を解説!/

ミスラ教はマニ教の形成に大きな影響を与える

ミスラ教とはミスラ神を崇拝する宗教のこと。マニはミスラ教の太陽神をマニ教の神話に応用。戦闘神および創造神として神話のなかに登場させました。マニはパルティア時代の末期に生まれたことからミスラに慣れ親しんでいたと思われます。

ミスラの存在は平安時代の日本にも伝えられました。密教占星術のひとつである宿曜道のなかで伝えられたのがミスラ。平安時代の具註暦では、「密」などと記されていました。『源氏物語』の「桐壺」にも登場。光源氏が生れたとき宿曜師が彼の運命を占っています。

マニ教の教義と多くが一致するグノーシス主義

マニ教の教義と一致するところが大きいのがグノーシス主義。地中海エリアで広く受け入れられていた思想で、1世紀に生まれました。その思想の本質は「認知」。自分や神についての本質を認知することを追求するものです・

マニ教の教義を特徴づける精神や物質の二元論はグノーシス主義に由来していると考えられてきました。しかしながら二元論以外のマニ教の教義は、グノーシス主義と対立するところも多く、一派とは言い切れないというのが現在の見方です。

マニ教にとってのイエス・キリスト

image by PIXTA / 21742426

マニ教では、ゾロアスター教の開祖であるザラスシュトラ、キリスト教の開祖であるイエス・キリスト、仏教の開祖である釈迦を「神の使い」と見なします。そのなかでもイエス・キリストは特別な意味を付与されました。

イエス・キリストを中心に据えた宗教

マニ教は、イエス・キリストを中心に据えた宗教と考えていいでしょう。マニ教では、「真のキリスト」と「十字架にかけられたキリスト」を区別しました。十字架にかけられたキリストは血を流す人間キリスト。一方「真のキリスト」は肉体をもちません。旧約聖書を否定的に捉えていることも同時代のキリスト教者からは差別されていた理由です。

実は旧約聖書と新約聖書では神が別。新約聖書の神は「愛と哀れみ」にあふれる存在です。いっぽう旧約聖書の神はあわれみがあり、情け深くあまり怒らない、めぐみとまことに富んでいる存在。マニ教は物的なものを嫌います。つまり新約聖書よりも人間らしく生々しいことが否定の理由と言えるでしょう。

キリスト教の考え方をどんどんアレンジ

マニ教は布教する過程でキリスト教の考え方をどんどんアレンジしていきます。そのため中央アジアに布教するときは「真のイエス」は影を潜め「真の仏陀」が代わりにあらわれました。中央アジアで広く受け入れられていったマニ教は、当初のイエス・キリストを中心とする教義は薄れていきました。

マニの究極の目標は世界中のさまざまな信仰や文化がひとつになること。そうすることで、いろいろな民族がひとつにまとまり、共存できると考えたからです。ただ、宗教の要素をあるだけ取り込んだ分、ゾロアスター教からもキリスト教からも排除されることになりました。

\次のページで「マニ教の教祖であるマニの獄死」を解説!/

マニ教の教祖であるマニの獄死

Shahname - Mani death (cropped).jpg
By Unknown author - Tehran Museum of contemporary art, Public Domain, Link

マニは何でもありの慣用的な教義を武器に、世界にマニ教を広げていきます。そんなマニ教の勢いに脅威を持ったのがゾロアスター教の司祭たち。祭司長であるキルデールは、ことあるごとにマニを排除しようと試みました。ただ、マニを支持していたシャープール1世が生きているあいだはマニ教の排除は実現しませんでした。

シャープール1世の死のあとのマニ

272年、マニの後ろ盾であったシャープール1世が亡くなります。そのとき王宮のなかで一定の地位を得ていたマニは王宮を出ることを決意。マニ教の布教に力を入れようとしました。ところがシャープール1世のあとを継いだワフラーム1世はマニ教を弾圧。背後にマニを排除しようとしていたキルデールがいたからです。

迫害されたマニはワフラーム1世に助けを求めるものの叶わず。最終的にマニは捕らえられて牢に入れられました。それから26日後にマニは獄死。体を引き裂かれた、重い鎖をつけられたという説もあります。同時に信者たちと自由に面会していたという記録も。どのような最期を遂げたのかはっきりとはわかりません。

マニ教団の布教活動

マニは生きているあいだに自分で聖典を記しており、また弟子も数多くいました。そのため教祖であるマニが亡くなったあとも弟子を通じて布教が続けられました。マニ教の新たな拠点となったのがバビロニア。その地にマニ教団が成立しました。

サーサーン朝ではマニ教は禁止。布教することはできません。そこでマニ教団はその周囲に拠点を移していきます。なかでも活発に布教が行われたのはローマ帝国の領内。シリアやエジプトに広がっていきます。さらにマニ教の影響は北アフリカのカルタゴまで広がっていきました。

マニ教団の外見的な特徴は白い衣服。心と言葉のきよらかさを保つために肉を食べることは禁止されていました。動物を殺すことも禁止。野菜の根っこを抜くことも殺生にあたるとされました。推奨されていたのは光を通すという透き通った食べ物。メロン、ぶどう、きゅうりなどを好んで食べていました。

ローマ帝国におけるマニ教

image by PIXTA / 88724055

マニ教団はローマ帝国内でも信者を増やしていきます。同時にキリスト教もローマ帝国内で布教活動を展開していました。ローマ帝国は、マニ教もキリスト教も危険な宗教として警戒。そのためローマ皇帝はどちらの宗教も弾圧の対象としています。

\次のページで「ディオクレティアヌス帝の大弾圧」を解説!/

ディオクレティアヌス帝の大弾圧

キリスト教に対して大々的に迫害を行ったのがディオクレティアヌス帝。宗教の神を否定する代わりに自分をユピテル神と位置づけました。いわゆる皇帝崇拝。書物を焼く、信者を公開処刑する、教会の財産を取りあがるなどしました。キリスト教と同じくマニ教も迫害の対処となりました。

マニ教の迫害の根拠となったのが「反マニ教宣言書」。キリスト教と同じく、書物を焼く、信徒や教師に強制労働をさせる、死刑にする、教団の財産を没収するなど、厳しい弾圧を繰り広げました。マニ教は当時、そこまでメジャーではない存在。それにも関わらず厳しい弾圧をしたのはマニ教が勢いがあった証です。

中央アジアに拠点を移したマニ教

広く浸透するものの、なかなか国教まで上り詰めるには至らなかったマニ教。そのなかで唯一、マニ教を国教にしたのが中央アジアのウイグル人です。それがウイグルの第三代である牟羽可汗(ぼううかがん)。牟羽可汗は安史の乱で唐を支援した皇帝。洛陽でマニ教の僧侶と出会ったことでマニ教に興味を持ちます。

僧侶をウィグルに連れて帰った牟羽可汗。ウイグルにはマニ教徒が多いソグド人がたくさんいたので、マニ教を保護することで取り込もうとしたのです。しかしながら牟羽可汗はクーデターにより死亡。マニ教もいちどは弱体化しますが、最終的に国教となりました。

実は「東方見聞録」を書き記したマルコ=ポーロもマニ教徒と遭遇していると言われています。マルコ=ポーロは、中国の福建省東南部にある泉州でキリスト教徒に出会ったと書き記しました。ところが実は、このとき出会ったキリスト教徒はマニ教徒であったとも言われています。ただ、中国のマニ教徒も消滅しました。

マニ教の現在は信者ゼロ

マニ教は衰退した幻の宗教。とくにイエスとは別に「真のキリスト」を想定したことからアンチ・キリスト教と見なされたことも、その後の衰退の理由です。中国の一部ではマニ教の名残が残っている宗教集団があるとされていますが、本来の教義を継承している人はゼロ。世界三大宗教以外にも消滅した宗教はたくさんあります。そんな多様な過去に目を向けてみると、歴史に新たな側面が見えてくるかもしれません。

" /> 現在の信者はゼロ?知られざる「マニ教」の神秘な世界観について元大学教員が簡単にわかりやすく解説 – Study-Z
アジアの歴史ヨーロッパの歴史世界史

現在の信者はゼロ?知られざる「マニ教」の神秘な世界観について元大学教員が簡単にわかりやすく解説

世界史の教科書でマニ教という名前を聞いたことはあるか。名前なら知っているという人は多いでしょう。でも、どんな人が信者なのかというと、全く分からないというのが現状です。

実は現在マニ教を信仰している人はいないとされている。そんなかつて世界で広く信仰されていたマニ教について、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していきます。

ライター/ひこすけ

アメリカの歴史と文化を専門とする元大学教員。宗教の歴史にも興味があり気になることがあったら調べている。今回はかつての世界宗教でありながら現在は信者がゼロとされるマニ教についてまとめてみる。

マニ教はサーサーン朝ペルシャで生まれた宗教

マニ教が生まれたのはサーサーン朝時代のペルシャ。開祖は預言者のマニ。漢字では摩尼と記されます。ゾロアスター教、キリスト教、仏教などの教義をさまざまなに織り交ぜていることがマニ教の特徴。教団は布教する際にキリスト教や仏教を名乗ることも。寛容な内容により信者を増やし、北アフリカから中国に至るまで広く信仰されました。

貴族の父と王族の母から生まれたマニ

貴族の父と王族の母のあいだに生まれたのがマニ。古代イランの王朝の血統を引く身分でした。当時のメソポタミアにはさまざまな思想や宗教が流入する過渡期。マニも、ユダヤ教やキリスト教などに加え、ピタゴラス派、マルキオン派、ミスラ教などの少数派の宗教結社に触れる機会もありました。

そんな環境で父親が女人禁制のエルカサイ教団に出家。家族を捨てて教団に入ります。マニはしばらくのあいだ母親に育てられていました。4歳のときに父親が迎えにきてマニを教団に迎え入れます。そこでマニはユダヤ教やキリスト教の教義を学んでいきました。とくにマニはキリスト教のなかでは「外伝」という位置づけの黙示録に興味を持ちます。

マニは24歳のときに神の啓示を受ける

マニは12歳ころから預言者としての使命を自覚するようになります。本格的に開教したのはマニが24歳のとき。自分のことをブッダやイエスなどに続く最後の預言者と自覚。エルカサイ教団のなかで独自の行動をとるようにします。そのひとつが農業。農作業を、植物に秘められた光を壊すからと拒否して、エルカサイ教団を追放されました。

マニが教団を離れたとき行動を共にしたのは2人。親友のアブサクヤーと友人のシメオンでした。父親はマニを説得するために追いかけてきましたが、最終的にマニと行動を共にすることを決意。旅の道中にマニが病気を治した少女と姉妹も参加。最終的にマニたちは、サーサーン朝の皇帝の信頼を得て教会を形成。弟子たちの布教活動も功を奏し、影響力を広げていきました。

マニ教を形成している宗教

image by PIXTA / 29865208

マニ教は複数の宗教を織り交ぜて教義が形成されました。その主な宗教とは、キリスト教、ユダヤ教、ゾロアスター教、ミスラ教、ズルワーン教、グノーシス主義、そしてメソポタミア神話など。ここでは、取り上げられることの少ないミスラ教とグノーシス主義について紹介します。

\次のページで「ミスラ教はマニ教の形成に大きな影響を与える」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: