雑学

簡単でわかりやすい!回ると周るの違いとは?旅行や営業ではどちらを使う?現役塾講師がわかりやすく解説

回りと周りは何が違う?

「周」という字は「周り」と送り仮名をふることで「まわり」と読むことは説明しましたね。そして、「回」という字も「回り」とふることで「まわり」と読むことができます。それでは「回り」「周り」ではどんな違いがあるのでしょうか?

さきほど、「回」の字についての説明で、「『回』という字は基本的に「まわる」という動きのニュアンスを常に持っている」と教えましたが、「回り」と送り仮名をふった場合も、単なる「物の周囲の長さ」という意味の「まわり」ではなく、電車の「内回り」「外回り」「見回り」などといった、動きのイメージやニュアンスがあるのです。一方の「周り」は、そのような動きのイメージやニュアンスはありませんので、単に「物の周囲やその長さ」だけを意味したいときには、この「周り」の方が使われます。

「回り」……「内回り」「外回り」「見回り」など「まわる」という動きのニュアンスを含む
「周り」……「物の周囲やその長さ」など動きのニュアンスを含まない

回るは「まわる」で周るは「めぐる」!

今回、「回る」「まわる」と読んで「周る」「めぐる」と読むことや、「回り」と「周り」のようにどちらも「まわり」と読む場合にも、「まわる」という動きのニュアンスを含むかどうかで使い分けがされることなどを知っていただけたかと思います。また、「まわる」を漢字にするときには「周」は使わないので、「回」の方を使うということを心に留めておいてください。

1 2
Share: