雑学

簡単でわかりやすい!プログラミング言語の違いとは?種類や特徴・学習法もIT系大好きライターが詳しく解説

利用先のシステムに合わせた言語を選ぶ

利用先のシステムに合わせて言語を選ぶことで、効率的にそのシステムに合ったプログラムを組んで実装までスムーズに進められます。また、利用先のシステムにその言語に詳しい人材がいるかどうかによっても作業性は変わってくるので考慮しましょう。

将来性のある言語を選ぶ

将来性を考慮して言語を選ぶ場合は、需要が高く、今後も需要が伸びると予想される言語を選ぶのが良いでしょう。例えば、人工知能や機械学習に関連するPythonや、最近ではモダンな言語としてGoogleが開発したGoやAppleのswiftなどがあげられます。

プログラミング言語の学習方法

image by iStockphoto

初心者がプログラミング言語の学習を効果的に進めるには、以下のようなものがあります。

1.オンライン学習サイトで学ぶ

プログラミング言語の学習には、カリキュラム型で初心者〜中級者を対象としたProgateや、約3分の動画でプログラミングを学べるドットインストールなどのオンライン学習サイトが便利です。

自分のPCでプログラミングができるようにするための環境構築から、実際にサーバーにプログラムをアップロードして動かしてみるところまで、カリキュラムに沿って体系的に学ぶことができるので、一度実際に体験してみることをおすすめします。

2.書籍や動画教材で学ぶ

書籍や動画教材も、プログラミング言語の学習には有効です。書店で技術本を買ったりYouTubeでも学習することができるので、自分のペースで学習できる点が魅力的ですが、初心者向けのものを選ぶ必要があるので、意図に合った書籍や動画教材を探しましょう。

また、書籍でプログラミングを学ぶ場合には、その本の発行年を確認して、なるべく最新の環境で学べるものを選んでください。他にも例えばYouTubeを動画教材とする場合にも同様に、アップロード日に注意して視聴することをおすすめします。

プログラミング言語の違いを理解して適切な選択をしよう

プログラミング言語は、その目的に合った言語を選び、適切に利用することが重要です。まずは、自分が何を作りたいのか。いまの自分にどれくらいのスキルがあるのかなども、プログラミング言語を選ぶ上で大事な要素になってくるので、あなた自身に合った言語を見つけて、まずは学習してみましょう。

1 2
Share: