IT・プログラミング雑学

簡単でわかりやすい!ReactとNext.jsの違いとは?使い分けや学び方もプログラマーが詳しく解説

SNSも動画サイトも、ウェブを使ったものですね。これらのウェブアプリはどうやってつくるのでしょう。実はウェブアプリをつくるために便利なライブラリやフレームワークというものがあるそうです。色々なものがありますがその中でも有名なのがReactやNext.jsです。ですが、これらは何が違うのかわかるか。この違いやどう使い分けるのかを、ウェブアプリに詳しいプログラマでもあるライターのwoinaryと一緒に解説していきます。

ライター/woinary

某社で社内向け業務システムの開発、運用を30年近くやっていたシステム屋さん。長年会社でウェブアプリなどに携わった。現在はフリーランス。ガジェットやゲーム、ラノベが大好きなおっさん。

ウェブアプリを作成するものだが役割が違う?ReactとNext.js

image by iStockphoto

普段何気なく使っているウェブアプリ。これらはどうやってつくっているのでしょう。今はウェブアプリをつくるために便利なものがいろいろあります。それがReactやNext.jsです。どちらもJavaScriptというプログラミング言語で使います。

この2つの違いをざっくり説明すると、Reactはライブラリで、Next.jsはフレームワーク。これがどう違い、どう使い分けるのか、どちらを学んだ方がよいのかを説明していきます。

React:ウェブアプリのためのライブラリ

Reactはウェブアプリをつくるためのライブラリ。元々はFacebookを開発、運営しているMeta社が自分たちのウェブアプリをつくるためにつくられたものです。ただ、一般にも公開されているため、Meta社以外でもReactをつかっているウェブアプリは多数あります。

ウェブアプリ開発では似たような部分をいくつもつくることも多いです。そのような場合にそれぞれつくっていると大変ですよね。Reactではそういう使い回しができる部分を部品としてつくります。その部品を使うことで効率よいウェブアプリ開発が可能です。

Next.js:ウェブアプリのためのフレームワーク

Next.jsはウェブアプリをつくるためのフレームワーク。では、ライブラリとフレームワークは何が違うのでしょう。フレームワークとは、それだけである程度動く骨組みと考えてください。それに肉付けすることでアプリをつくります。ライブラリは何かのプログラムをつくる時にそれを助けてくれる便利な部品です。部品なのでそれだけでは動きません

Next.jsの権利はVercel社が持っています。ただ、実際には世界中のプログラマが協力してつくっているオープンソースというものです。こちらも世界中に公開されているため、多くのウェブアプリで使われています。

\次のページで「何が違う?ReactとNext.jsの違いを3ポイント解説」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: