雑学

簡単でわかりやすい!サムジャンとコチュジャンの違いとは?豆板醤との違いも料理好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。今回はサムジャンとコチュジャンの違いを解説していくぞ。最近は日本でも韓国料理が人気で、韓国料理店も増えているよな。今回のサムジャンとコチュジャンは、どちらも韓国で人気の辛みのある調味料だ。日本でよく使われるコチュジャンとは対照的に、サムジャンは名前を聞いたことがない人も多いだろう。今回はこの韓国料理に欠かせない調味料を定義から確認しつつ、料理好きライターの篠崎まおと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/篠崎まお

漢字と慣用句が好きな文学部卒ライター。趣味はSNSを眺めることと料理。今まで得てきた知識をもとに、わかりやすい情報をお届けする。

違いその1.定義

image by iStockphoto

サムジャンとコチュジャンはどちらも辛みのある調味料ですが、どのような部分が具体的に違うのでしょうか。ここからは定義や使われ方を詳しく解説していきます。

サムジャン:野菜や肉を包んで食べる

サムジャンは韓国で古くから使われている調味料で、赤い味噌のような見た目をしています。「サム」は韓国語で包むという意味「醤(ジャン)」は大豆を発酵させた調味料の総称を指し、サムジャンはこれを掛け合わせた言葉です。野菜や肉を包んで食べる料理によく使われます。

コチュジャン:薬味として使われる

コチュジャンも韓国を代表する調味料で「コチュ」は韓国語の「唐辛子」を意味します。米やもち米麹、唐辛子の粉などが主な材料で、薬味として使われるのが定番の使い方です。サムジャン同様赤い味噌のような見た目をしています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

韓国料理が人気になり、スーパーの調味料コーナーでは韓国の調味料を見かけることが多くなったよな。一般的にコチュジャンが赤いパッケージをしていて、サムジャンは緑のパッケージをしていることが多いぞ。

違いその2.味

image by iStockphoto

ここからはそれぞれの味の違いをみていきます。同じ辛みのある調味料でも、味の違いはあるのでしょうか。

\次のページで「サムジャン:甘みとコクが強い甘辛い味わい」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: