雑学

簡単でわかりやすい!イチボとランプの違いとは?肉質や味の違いは?料理好きライターが詳しく解説

今回はイチボとランプの違いを解説していきます。カルビやハラミなど王道の部位に比べて聞きなじみのないこの2つですが、どちらも焼肉のメニューや肉屋で見かけたことがあるのではないでしょうか。しかしそれぞれの部位や味を、詳しく説明できる人は少ないでしょう。今回はイチボとランプの部位や味の違いを、料理好きライターの篠崎まおと一緒に解説していきます。

ライター/篠崎まお

漢字と慣用句が好きな文学部卒ライター。趣味はSNSを眺めることと料理。今まで得てきた知識をもとに、わかりやすい情報をお届けする。

違いその1.部位・肉質の違い

image by iStockphoto

イチボとランプはどちらも牛肉のお尻あたりの部位で、まとめて「ランイチ」と呼ばれます。しかし細かく分けるとそれぞれ違う部位で、肉質にも違いが。ここからはそれぞれの部位と肉質の違いをみていきましょう。

イチボ:お尻の先端で、赤身とサシのバランスが良い

イチボはお尻の先端、外モモの上側の部位です。お尻の骨周りの肉ですね。赤身とサシのバランスが良いため脂っぽすぎず、ほどよい甘味が感じられます。肉質はしっかりしていて赤身の部分は肉々しさを感じ、サシの部分は柔らかい贅沢な部位です。

ランプ:腰部分で適度なサシが入っている

ランプはサーロインの後ろ側で、背中側の腰部分の部位です。肉質はイチボよりも柔らかく、適度なサシが入っています。赤身部分は濃厚な味わいが特徴で、サシの量はイチボより控えめです。ですのであっさりとしたクセのない味わいとなっています。

違いその2.名前の由来

image by iStockphoto

ここまで部位や肉質の違いをみてきましたが、次は名前の由来を解説していきます。

\次のページで「イチボ:牛の骨の形が由来」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: