この記事では踊ると躍るの違いについてみていきます。どちらも同じように「おどる」と読み、見た目もよく似た表現ですが、意味には少し違いがある。混同していると誤解を招く危険もあるため、違いについてよく理解しておくことが大切です。今回はそんな踊ると躍るの違いを、具体的な使い分け方とあわせて、読書家WEBライターのハヤカワと一緒に解説していきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

踊ると躍るの意味の違いとは?

image by iStockphoto

「踊る」と「躍る」はどちらも「おどる」と読むことができる言葉ですが、明確に意味に違いがあります。混同していると誤解を招いてしまう恐れもあるため、それぞれの意味の違いについて、この機会に確認しておき正しく使い分けられるようにしましょう。

その1.踊るとは?

「踊る」は舞踏のようなリズムに合わせて動作をする「おどり」を表す言葉です。バレエ・民族舞踊・社交ダンスなど、特定のスタイルや形式のあるダンスは「踊る」と表現されます。ダンスを表すというイメージに注目して覚えておきましょう。

また人に操られて行動する意味の「人に踊らされる」なども「踊る」と書きます。こういった場合には一般的に「踊らされる」と受け身の形で表現されるため、こちらの点にも注意してあわせて覚えておきましょう。

その2.躍るとは?

「躍る」はジャンプ・跳躍など飛び上がるような動作を表す言葉です。「身を躍らせる」・「魚が躍る」など飛び跳ねるような動作や、「胸が躍る」などのように心の動きを表す際に「躍る」が使われています。こちらは飛び跳ねる・跳ね上がるようなイメージに注目して覚えておきましょう。

踊ると躍るの具体的な使い分け方

image by iStockphoto

「踊る」と「躍る」の具体的な使い分け方についても確認しておきましょう。「踊る」は音楽にあわせてリズミカルに身体を動かす場合に使います。対して「躍る」は力強く跳ねるように身体を動かす様子を指して使う言葉です。いわゆるダンスのような動作を表す場合には「踊る」を使用します。

「躍り上がる」のように、身体を跳ねさせる動作を表す場合には「躍る」を使用すると覚えておきましょう。「躍る」の字は、「足」と「翟(てき)」から出来ており、「翟」という字は鳥が羽を揚げて飛び立とうとしている形をしています。「躍る」はこうした背景から飛び上がることを意味する言葉となりました。こちらも覚えておきましょう。

\次のページで「踊ると躍るの英語での表現について」を解説!/

踊ると躍るの英語での表現について

image by iStockphoto

「踊る」と「躍る」の英語での表現についても、あわせて確認しておきましょう。「踊る」の英語での表現は一般的に「dance」が使われています。日本語の「踊る」と同じように、音楽にあわせて踊ることを表すのに加えて、「人に踊らされる」のように人に操られて行動することも表現することが可能です。

「躍る」の英語での表現は「jump」が使われています。こちらも日本語の「躍る」と同じように、飛び上がる動作を表して使われている表現です。「踊る」と「躍る」の英語での表現として、「dance」と「jump」についてもあわせて覚えておきましょう。

踊ると躍るは意味が明確に違うため注意して使い分けよう!

この記事では踊ると躍るの違いを説明しました。「踊る」が舞踏のようなリズムに合わせて動作をするおどりを指すのに対し、「躍る」はジャンプ・跳躍など飛び上がるような動作を表す言葉となっています。それぞれ意味が明確に異なる表現となっているため、違いに注意して正しく使い分けていきましょう。

また英語では「踊る」は「dance」、「躍る」は「jump」が使われています。どちらもそれぞれ日本語と同じように、リズムに合わせて身体を動かす動作、飛び上がる動作を指す表現です。こちらもあわせて覚えておきましょう。今回の記事が皆さんの参考になっていれば幸いです。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 3分で簡単にわかる!踊ると躍るの違いとは?使い分けや英語表現も読書家ライターがわかりやすく解説! – Study-Z
雑学

3分で簡単にわかる!踊ると躍るの違いとは?使い分けや英語表現も読書家ライターがわかりやすく解説!

この記事では踊ると躍るの違いについてみていきます。どちらも同じように「おどる」と読み、見た目もよく似た表現ですが、意味には少し違いがある。混同していると誤解を招く危険もあるため、違いについてよく理解しておくことが大切です。今回はそんな踊ると躍るの違いを、具体的な使い分け方とあわせて、読書家WEBライターのハヤカワと一緒に解説していきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

踊ると躍るの意味の違いとは?

image by iStockphoto

「踊る」と「躍る」はどちらも「おどる」と読むことができる言葉ですが、明確に意味に違いがあります。混同していると誤解を招いてしまう恐れもあるため、それぞれの意味の違いについて、この機会に確認しておき正しく使い分けられるようにしましょう。

その1.踊るとは?

「踊る」は舞踏のようなリズムに合わせて動作をする「おどり」を表す言葉です。バレエ・民族舞踊・社交ダンスなど、特定のスタイルや形式のあるダンスは「踊る」と表現されます。ダンスを表すというイメージに注目して覚えておきましょう。

また人に操られて行動する意味の「人に踊らされる」なども「踊る」と書きます。こういった場合には一般的に「踊らされる」と受け身の形で表現されるため、こちらの点にも注意してあわせて覚えておきましょう。

その2.躍るとは?

「躍る」はジャンプ・跳躍など飛び上がるような動作を表す言葉です。「身を躍らせる」・「魚が躍る」など飛び跳ねるような動作や、「胸が躍る」などのように心の動きを表す際に「躍る」が使われています。こちらは飛び跳ねる・跳ね上がるようなイメージに注目して覚えておきましょう。

踊ると躍るの具体的な使い分け方

image by iStockphoto

「踊る」と「躍る」の具体的な使い分け方についても確認しておきましょう。「踊る」は音楽にあわせてリズミカルに身体を動かす場合に使います。対して「躍る」は力強く跳ねるように身体を動かす様子を指して使う言葉です。いわゆるダンスのような動作を表す場合には「踊る」を使用します。

「躍り上がる」のように、身体を跳ねさせる動作を表す場合には「躍る」を使用すると覚えておきましょう。「躍る」の字は、「足」と「翟(てき)」から出来ており、「翟」という字は鳥が羽を揚げて飛び立とうとしている形をしています。「躍る」はこうした背景から飛び上がることを意味する言葉となりました。こちらも覚えておきましょう。

\次のページで「踊ると躍るの英語での表現について」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: