この記事ではICレコーダーとボイスレコーダーの違いについてみていきます。どちらも音声を録音するための機器ですが、両者には少し違いがある。今回はそんなICレコーダーとボイスレコーダーの違いを、それぞれの使い方やパワハラ対策でバレないように録音する方法とあわせて読書家WEBライターのハヤカワと一緒に解説していきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

ICレコーダーとボイスレコーダーの違いとは?

image by iStockphoto

ICレコーダーとボイスレコーダーはどちらも音声を録音するための機器です。基本的に両者はあまり区別されておらず、明確な違いはありません。しかし厳密には少し違いがあります。違いについてしっかりと確認しておきましょう。

その1.ICレコーダーとは?

ICレコーダーはデジタル方式で音声を録音することが可能な機器を指す言葉です。デジタル録音はアナログ録音と比較して音声の品質の面で優れており、ノイズや歪みが少ない魅力をもっています。また録音した音声はデジタルデータとして保存されるため、SDカードやUSBを使ってデータをパソコンに移行することも可能です。

その2.ボイスレコーダーとは?

ボイスレコーダーはアナログ方式を含む音声を録音することが可能な機器全般を指す言葉です。ボイスレコーダーは音声をデジタル録音する機器に加えて、カセットテープなどを使って音声をアナログ録音する機器のことも指します。

こうしたアナログ録音による機器はデジタル録音よりも以前に利用されていた古い形式の録音機器となっており、音質や機能の面で劣るため注意しましょう。現在アナログ録音を使う録音機器は数が少なくなっており、一般的にはボイスレコーダーもデジタル録音を行う機器のことを指すようになっています。

\次のページで「ICレコーダー・ボイスレコーダーの使い方は?」を解説!/

ICレコーダー・ボイスレコーダーの使い方は?

image by iStockphoto

ICレコーダー・ボイスレコーダーは一般的に、会議の録音・授業や講演会の録音・音声メモとしての録音・電話の録音・楽器演奏の録音などに利用されているアイテムです。ビジネスの場で、メモをとる手間を省くために音声の録音を行う。また授業や講演会の内容を音声で記録しておくと、あとで聞き直すことができますね。

またジャーナリストやライターは、よく取材やインタビューの内容を正確に記録するために利用しています。ICレコーダー・ボイスレコーダーはこうした形で上手く扱うことで、業務効率を高めたり学習をサポートしてくれるアイテムです。

パワハラ対策でバレないように録音する方法

image by iStockphoto

ICレコーダー・ボイスレコーダーには小型でポケットなどに忍ばせやすく、有事の際バレないように録音しやすいモデルも存在します。こうしたモデルはパワハラ対策に効果的で、相手の発言を録音し証拠として記録しておくことが可能です。

自分の権利を守るための録音は、原則違法ではないとされています。しかし録音の方法など状況に問題がある場合、相手へのプライバシー侵害行為に該当してしまう場合もあり注意が必要です。あくまで自分の権利を守るための状況に限り、録音することが認められているため、こちらの点に注意しておきましょう。

ICレコーダーとボイスレコーダーは記録可能な音声の種類が違う!

この記事ではICレコーダーとボイスレコーダーの違いを説明しました。ICレコーダーとボイスレコーダーは厳密に区分けはされていないものの、ICレコーダーはデジタル録音を行う録音機器を一般的に指し、ボイスレコーダーはデジタル録音に加えてアナログ録音を行う録音機器のことも指すという違いがあります。

ボイスレコーダーはICレコーダーよりも広い範囲の録音機器を指すと覚えておきましょう。またパワハラ対策でバレないように録音する際は、小型ICレコーダーを利用するのが効果的です。相手に無断での録音はあくまで自分の権利を守るための範囲で利用しましょう。今回の記事が皆さんの参考になっていれば幸いです。

" /> 3分で簡単にわかる!ICレコーダーとボイスレコーダーの違いとは?パワハラ対策でバレないように録音する方法も読書家ライターがわかりやすく解説! – Study-Z
雑学

3分で簡単にわかる!ICレコーダーとボイスレコーダーの違いとは?パワハラ対策でバレないように録音する方法も読書家ライターがわかりやすく解説!

この記事ではICレコーダーとボイスレコーダーの違いについてみていきます。どちらも音声を録音するための機器ですが、両者には少し違いがある。今回はそんなICレコーダーとボイスレコーダーの違いを、それぞれの使い方やパワハラ対策でバレないように録音する方法とあわせて読書家WEBライターのハヤカワと一緒に解説していきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

ICレコーダーとボイスレコーダーの違いとは?

image by iStockphoto

ICレコーダーとボイスレコーダーはどちらも音声を録音するための機器です。基本的に両者はあまり区別されておらず、明確な違いはありません。しかし厳密には少し違いがあります。違いについてしっかりと確認しておきましょう。

その1.ICレコーダーとは?

ICレコーダーはデジタル方式で音声を録音することが可能な機器を指す言葉です。デジタル録音はアナログ録音と比較して音声の品質の面で優れており、ノイズや歪みが少ない魅力をもっています。また録音した音声はデジタルデータとして保存されるため、SDカードやUSBを使ってデータをパソコンに移行することも可能です。

その2.ボイスレコーダーとは?

ボイスレコーダーはアナログ方式を含む音声を録音することが可能な機器全般を指す言葉です。ボイスレコーダーは音声をデジタル録音する機器に加えて、カセットテープなどを使って音声をアナログ録音する機器のことも指します。

こうしたアナログ録音による機器はデジタル録音よりも以前に利用されていた古い形式の録音機器となっており、音質や機能の面で劣るため注意しましょう。現在アナログ録音を使う録音機器は数が少なくなっており、一般的にはボイスレコーダーもデジタル録音を行う機器のことを指すようになっています。

\次のページで「ICレコーダー・ボイスレコーダーの使い方は?」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: