雑学

簡単でわかりやすい!お通夜と告別式の違いとは?ふさわしい服装も雑学好きライターが詳しく解説

今回はお通夜と告別式の違いについて解説していきます。人生で何度かは経験するであろうお葬式。参列した経験がないと、わからないことがたくさんあり不安になるよな。お葬式には様々なマナーがあり、お通夜と告別式にも違いがある。今回はそのお通夜と告別式の違いを定義から確認しつつ、詳しいマナーやふさわしい服装を雑学好きライターの篠崎まおと一緒に解説していきます。

ライター/篠崎まお

漢字と慣用句が好きな文学部卒ライター。趣味はSNSを眺めることと料理。今まで得てきた知識をもとに、わかりやすい情報をお届けする。

お通夜と告別式をざっくり解説

image by iStockphoto

お通夜と告別式を行うことの意味や流れを知っておくことで、不安が無くなりますよね。ここからはそれぞれの定義を、ざっくり解説していきます。

お通夜:夜通し故人を見守る儀式

お通夜とはかつて、故人を悪い霊から夜通し見守るという意味で「通夜」と呼ばれていました。ろうそくと線香の火を絶やさないように夜通し見守り、別れを惜しんでいたのです。しかし現代では自宅ではなく葬儀場で行われることが増えたため、夜通し行われることは少なくなりました。そのため夕方ごろから始まり1〜3時間ほどで終わる「半通夜」が主流となってきています。

告別式:故人へお別れを告げるための儀式

告別式は故人へお別れを告げるための儀式で、お通夜の翌日の出棺前に行われます。近親者だけでなく一般の参列者も出席し、社会的な意味のある儀式です。お通夜とは違い、遅刻や途中で退出するのはマナー違反となりますので、よほどの理由がない限りはやめておきましょう。

葬儀式との違いは?

葬儀式とは故人をあの世へ見送る儀式で、僧侶の読経中に参列者は焼香をします。葬儀式と告別式は一連の流れで行われるので、最近では一括りに「告別式」と呼ばれることも多いようです。しかし告別式とは違い宗教的な儀式となるので、宗派や地域によってやり方は異なります。

\次のページで「儀式の内容は?」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: