暮らし雑学

簡単でわかりやすい!ワークマンとワークマンプラスの違いとは?店舗数や品揃え、ワークマン女子についても工事会社勤務の現役OLライターがくわしく解説

この記事ではワークマンとワークマンプラスの違いについてみていきます。ワークマンは工事現場のプロや職人専門のお店といったイメージがあるよな。そんなワークマンですが、2018年にワークマンプラスという新業態がスタートし一般人向けの商品も取り扱うようになってきたんだそう。今回はそんな職人専門のアイテムから一般人向けの日常に寄り添った商品までを提供するよう変貌を遂げた「ワークマン」と「ワークマンプラス」について工事会社勤務の現役OLライターyukoと一緒に解説していきます。

ライター/yuko

工事会社勤務9年目。入社から現在まで、現場踏査や設計業務など幅広く経験。地下埋設物には少々くわしい。専門用語が飛び交う職場で自分の言葉に置き換え、理解しなおす言語化作業に日々奮闘中の現役OLライター。

ワークマンとワークマンプラスの違いはターゲット客層やコンセプト

image by iStockphoto

ワークマンとワークマンプラスの違いはコンセプトにあります。簡単に説明すると以前のワークマンはプロの職人向けのワークウェアや作業用品を扱う専門店であったのに対して、新業態であるワークマンプラスはワークマンの作業着をつくる上で培ってきた技術力を活かして、一般の人たちの生活にも密着したライフウェアを扱うブランドになっているんだそう。ここからくわしくみていきましょう。

ワークマン:職人向けのワーキングウェアや作業用品

ワークマンは1980年に「職人の店」としてフランチャイズシステムでスタート。工事現場で働くひとのために作業服や作業用品を豊富に扱う専門店という印象でした。その後「声のする方に、進化する」というトップメッセージを掲げ、働くひとへ便利で高機能、高品質、低価格な商品を販売、提供し続けているのだそう。

プライベートブランド商品も大変魅力的で人気ですね。2018年には「ワークマンプラス」という新業態をオープン。2020年には「#ワークマン女子」の出店がスタート。職人のみならず一般のひとたちにも必要とされるブランドへと進化してきています。

ワークマンプラス:日常使いにもぴったりな機能性ウェア

2018年にワークマンの新業態としてスタートしたのが「ワークマンプラス」になります。正式表記は「WORKMANPlus」。作業着つまりワーキングウェアに留まらず、アウトドアやスポーツなどさまざまな場面で活躍する商品を展開中です。ワーキングウェアを作り続けてきたワークマンだから提供できる、日常使いにも便利で、機能性のよい商品が数多くあるんだそう。

#ワークマン女子とは?

「#ワークマン女子」とは、「カコクな365日(にちじょう)を、ステキに変える」をコンセプトに2020年に誕生したワークマンの女性向け新業態。雨に強い洋服や、紫外線対策、泥汚れなど、女性が日常的に遭遇するであろうカコクな状況をワークマンの機能を介して我慢せずにストレスなく過ごそうというメッセージが含まれています。

つまり、「#ワークマン女子」とは、女性のストレスをなくし気持ちに余裕のあふれる毎日の創造をお手伝いするためのブランドだといえるでしょう。

\次のページで「ここまで違う?!ワークマンとワークマンプラスを徹底比較」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: