現代社会

なぜ日本社会党は衰退した?原因と日本社会党の歴史を行政書士試験合格ライターが簡単にわかりやすく解説

今回は、日本社会党について学んでいこう。

長らく社会党は、自民党に対抗する第2の政党といえる存在感を示し続けていた。しかし、現在では後継政党である社民党が、存続の危機を迎えているといえるぞ。なぜそのような状況に陥ってしまったのでしょうか。

日本社会党が衰退した原因を、党の歴史とともに、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していきます。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

日本社会党の結成から55年体制へ

image by iStockphoto

まずは日本社会党の結成から55年体制の確立までを、簡単に振り返ってみましょう。

結党して2年で社会党が政権の座につく

1945(昭和20)終戦直後に日本社会党(社会党)は結成されました。戦時中に非共産党系の社会主義思想の勢力が、大同団結した形で結党したものです。1947(昭和22)年の日本国憲法下で初めて実施された総選挙で社会党が第1党になり社会党の委員長だった片山哲が総理大臣となりました

しかし、社会党は少数与党でした。そのため、片山内閣は政権運営に苦慮しその結果1年もたずに総辞職となりますその後に成立した芦田均内閣でも社会党は政権与党となりましたが昭和電工事件などが大きなダメージとなりました。そのために芦田内閣もわずか半年余りしかもたず、第2次吉田茂内閣が後を引き継ぐことになります。

党内対立と55年体制の確立

日本社会党は、元来さまざまな勢力が団結して生まれたものです。そのため、結党当初から党内で対立が起こりそれは幾度も繰り返されました。特に、社会民主主義を規範とする右派とマルクス主義に忠実な左派との対立が顕著でした。2つの派閥は1950年(昭和25)に短期間だけ分裂した後、1951(昭和26)年に再び分裂します。

1955(昭和30)左右両派は党大会を開催して再び統一を果たしました。同じ年に自由党と日本民主党が合併して自由民主党が結成されると、自民党と社会党で議席の大半を占めるようになりますそのような状態は55年体制と呼ばれ以後40年近くに渡り続くこととなったのです

万年野党化

55年体制となってから、社会党は自民党に次ぐ勢力として存在感を放っていました。しかし、55年体制の三十数年間は社会党は長らく野党第一党に甘んじていたのも事実です。衆議院で常に100議席前後を確保していましたが、政権の座には遠く及びませんでした。

1986(昭和61)社会党委員長に土井たか子が就任するとマドンナ旋風(おたかさんブーム)が起こります1989(平成元)年の参議院選挙では社会党から出馬した多くの女性候補者が当選するなどで社会党の獲得議席数が自民党を上回りました。しかし、翌年の衆議院総選挙で社会党は健闘するも、自民党の圧勝で政権交代には至っていません。

\次のページで「非自民連立政権への参加と離脱」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: