雑学食べ物・飲み物

簡単でわかりやすい!麦ごはんと玄米の違いとは?雑穀米との違いや白米との栄養素の比較も健康オタクライターがくわしく解説

この記事では麦ごはんと玄米の違いについてみていきます。ご飯の種類というイメージがあるよな。違いはずばり大麦か米かという食物の種類にあるようです。その他にも調べてみると栄養価や調理方法などさまざまな違いがあるみたいです。今回はそんな白米の代替品にもなる麦ごはんと玄米の違いについて、雑穀米とも比較しながら健康オタクライターyukoと一緒に解説していきます。

ライター/yuko

ヨガ歴7年、筋トレにはまりデッドリフトでダンベル100kgを持ち上げた過去をもつ。身体にいい食事、体づくりに最適な食材にアンテナをはって生きている現役OLライター。

麦ごはんと玄米の違いは食物の種類

image by iStockphoto

麦ごはんと玄米の違いは食物の種類にあります。簡単に説明すると、麦ごはんの麦は大麦のことで、玄米は白米に精米する前のお米のことです。ここからは雑穀米とも比較しながら、それぞれの特徴についてみていきましょう。

麦ごはん:大麦

麦ごはんの麦は大麦のこと。大麦をお米に混ぜて炊き上げて調理したものが麦ごはんです。お米に比べると食物繊維が多く含まれ、種類も豊富に存在していますね。店頭でも見かける「押麦」「もち麦」「ビタバァレー」などは大麦の種類のこと。大麦にもお米と同じように「うるち性」と「もち性」の2種類があるのだそう。

また、大麦と小麦の違いはたんぱく質の種類にあります。小麦に含まれる「グルテン」は粘り気があるのが特徴なのに対して、大麦に含まれる「ホルデイン」というたんぱく質にはグルテンよりも粘り気が少なく、吸水性が高いのが特徴ですね。

玄米:精米する前の米

玄米は白米に精米する前のお米のことです。収穫後にもみ殻を剥いた状態もので、茶色っぽい色をしているのが特徴。玄米はぬかと胚芽(はいが)、胚乳(はいにゅう)によって構成されているのですが、白米に精米する段階でぬかと胚芽(はいが)は削り落とされてしまうのだそう。

胚乳のみの白米はつやつやと光沢があり、もちもちした食感を楽しむことができますね。反対に玄米は、少々硬めのプチプチとした食感を楽しめますね。さらに精米せずに玄米に残ったぬかや胚芽には様々な栄養素が含まれており、完全栄養食として注目されています。

\次のページで「雑穀米との違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: