この記事では「ショップ」と「ストア」の違いについてみていきます。「コーヒーショップ」や「フラワーショップ」など「ショップ」は専門店のイメージです。一方の「ストア」は「コンビニエンスストア」や「ドラッグストア」などいろんな商品が並んだ店舗を思う。この認識で間違いないようですが、よりくわしく違いや意味・形態を確認しながら、安い商品を求めて店を巡る語学系主婦ライター小島ヨウとともに解説していく。

ライター/小島 ヨウ

ドイツ語学科卒、英語劇や市民劇団に所属した語学系おばさんライター。漢字や言葉の使い方に興味あり。わかりやすくをモットーに深ぼり解説する。

「ショップ」と「ストア」の違い

image by iStockphoto

「ショップ」と「ストア」は英単語「shop」と「store」のカタカナ日本語です。意味も大体同じで、使い分けられています。しかしながら日本語の「店」の意味は広くあいまいで、語呂的に言いやすい方が通称となっていることも。そんな「ショップ」と「ストア」の違いをみていきましょう。

「ショップ」:特定の商品を製造加工販売する店

「shop」は英国で小売店、米国で大型店舗内の専門店をいい、アトリエやスタジオのこともいいます。加工や作製を含め、特定の商品を販売する店が「ショップ」です。例えば「ギフトショップ」は贈り物専門、「アンテナショップ」は地域の名産品を販売するお店。「ペットショップ」は動物だけでなくエサや遊び道具を販売、理容が併設される店舗もあります。

「ストア」:様々な商品を販売する大きな店

「store」は英国で大型店、米国では店一般をいい、動詞は「蓄える」意味があります。様々な商品を販売するのが「ストア」で、小型の店舗から大型店まで売り場面積は様々です。例えば日本語では「デパート」と略されますが「department store」は百貨店、多種多様なお店が集合し、色々なものが売られていますね。

日本語の「店」の意味は幅が広い!

「店」の語源は「見世棚(みせだな)」で棚に商品を並べて見せていたことから。棚に商品が並べてある「ショップ」「ストア」もすべて「店」のくくりですね。商品購入だけでなくレストランや居酒屋や美容室などサービス業も「店」と表現できます。

英語の「shop」と「store」もそう厳密に使い分けられていません。八百屋・魚屋・靴屋などの英訳を辞書を検索すると「shop」「store」両方掲載されています。理容や飲食などサービスを売るのは「ショップ」のようです。

\次のページで「「マーケット」と「マート」の違いは」を解説!/

「マーケット」と「マート」の違いは

image by iStockphoto

「マーケット」は日本語で「市場(いちば)」で大きく二つの意味があります。一つは大量の商品を卸売りする場所、もう一つは常設設備で食料品や日用品を売る店です。「バサール」は市場を意味するペルシア語ですが、日本語では「バザー」として雑貨市や特売場・慈善市などをいいます。

「マーケット」は「ショップ」や「ストア」よりも店舗の規模が大きく、また商品数が多いイメージですね。また「マート」が付くお店も見かけます。どう違うのかみていきましょう。

「スーパーマーケット」:食料品や日用品を安価で販売する店

「スーパーマーケット」は「市場を超える」意味の造語です。食料品や日用品など日常生活の必需品を、客が選んで集めレジで精算するセルフサービスになっています。「スーパーマーケット」の名称が日本で初めて使われたのは1950年代のこと。比較的新しい小売店なのですよ。

「マート」:主に固有名称で使用

「マート」は販売店や市場の意味で、主に店舗名に使われます。例えば「ファミリーマート」や「ウォルマート」などです。また「データマート」は膨大なデータから利用者の目的に応じて使いやすいように抽出・加工されたものをいいます。

ほか様々なお店の形態をチェック!

image by iStockphoto

さて、「ショッピングセンター」「ショッピングモール」「デパート」や「商店街」などなど、私たちの周りにはいろんなタイプのお店がありますね。中でも、よく行くであろうお店の形態を確認してみましょう。

「量販店」:商品を大量仕入、安価で販売する大型店

「量販店」とは商品をたくさん仕入れ、安く売る大型店をいいます。上掲のスーパーマーケット、ドラッグストアも量販店です。家電や衣料品など全国的に展開するチェーン店も多いですね。

ちなみに「チェーン店」とはブランド・経営方針・サービスの内容・店舗の外観などを統一して、多くの店舗(経営学的には11店舗以上)の運営や管理を行っている経営形態のことです。

「コンビニ」:24時間営業年中無休の小規模店

「コンビニエンスストア」通称「コンビニ」は24時間営業年中無休で、食品や日用品を販売する小規模店です。国内市場はなんと10兆円越え、全国に5万店舗以上あります。

ちなみにコンビニは「フランチャイズ」と呼ばれる経営形態が多いです。フランチャイズとは親会社にロイヤリティ(使用料)を支払い加盟店となり、ブランド名や看板、経営方法などを習って事業を行うシステムをいいます。

\次のページで「「テナント」:一部区画を借りて営業する店舗」を解説!/

「テナント」:一部区画を借りて営業する店舗

「テナント(tenant)」とは建物の一区画を借りる主のことですが、日本語では借りた店舗や事務所のことを指します。ビルや商業施設、百貨店などの一区間を借りて事業するお店で、飲食店やファッション・グッズなどのショップが多いです。

「ショップ」と「ストア」日本語ではどちらも小売店

この記事では「ショップ」と「ストア」の違いを説明しました。「ショップ」は専門店、「ストア」はいろんな商品が並ぶ販売店ということがわかりましたね。

コンビニやスーパーなどいろいろな商品が置いてあるお店は便利ですね。一方でご近所の八百屋や肉屋・魚屋など小さなお店は利用する機会があまりないかもしれません。お店に行かずともインターネットで簡単に買い物ができる時代ですが、今も昔も、消費者としては良いものを安く買いたい、に限りますね。

" /> 簡単でわかりやすい「ショップ」と「ストア」の 違い!「スーパーマーケット」や「量販店」の違いなども語学系主婦ライターがわかりやすく解説 – Study-Z
雑学

簡単でわかりやすい「ショップ」と「ストア」の 違い!「スーパーマーケット」や「量販店」の違いなども語学系主婦ライターがわかりやすく解説

この記事では「ショップ」と「ストア」の違いについてみていきます。「コーヒーショップ」や「フラワーショップ」など「ショップ」は専門店のイメージです。一方の「ストア」は「コンビニエンスストア」や「ドラッグストア」などいろんな商品が並んだ店舗を思う。この認識で間違いないようですが、よりくわしく違いや意味・形態を確認しながら、安い商品を求めて店を巡る語学系主婦ライター小島ヨウとともに解説していく。

ライター/小島 ヨウ

ドイツ語学科卒、英語劇や市民劇団に所属した語学系おばさんライター。漢字や言葉の使い方に興味あり。わかりやすくをモットーに深ぼり解説する。

「ショップ」と「ストア」の違い

image by iStockphoto

「ショップ」と「ストア」は英単語「shop」と「store」のカタカナ日本語です。意味も大体同じで、使い分けられています。しかしながら日本語の「店」の意味は広くあいまいで、語呂的に言いやすい方が通称となっていることも。そんな「ショップ」と「ストア」の違いをみていきましょう。

「ショップ」:特定の商品を製造加工販売する店

「shop」は英国で小売店、米国で大型店舗内の専門店をいい、アトリエやスタジオのこともいいます。加工や作製を含め、特定の商品を販売する店が「ショップ」です。例えば「ギフトショップ」は贈り物専門、「アンテナショップ」は地域の名産品を販売するお店。「ペットショップ」は動物だけでなくエサや遊び道具を販売、理容が併設される店舗もあります。

「ストア」:様々な商品を販売する大きな店

「store」は英国で大型店、米国では店一般をいい、動詞は「蓄える」意味があります。様々な商品を販売するのが「ストア」で、小型の店舗から大型店まで売り場面積は様々です。例えば日本語では「デパート」と略されますが「department store」は百貨店、多種多様なお店が集合し、色々なものが売られていますね。

日本語の「店」の意味は幅が広い!

「店」の語源は「見世棚(みせだな)」で棚に商品を並べて見せていたことから。棚に商品が並べてある「ショップ」「ストア」もすべて「店」のくくりですね。商品購入だけでなくレストランや居酒屋や美容室などサービス業も「店」と表現できます。

英語の「shop」と「store」もそう厳密に使い分けられていません。八百屋・魚屋・靴屋などの英訳を辞書を検索すると「shop」「store」両方掲載されています。理容や飲食などサービスを売るのは「ショップ」のようです。

\次のページで「「マーケット」と「マート」の違いは」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: