雑学

簡単でわかりやすい!重曹とタンサンの違いとは?ベーキングパウダーの代わりに使える?さまざまな活用法も雑学大好き図書館司書が詳しく解説

重曹(タンサン)の活用法2.掃除

image by iStockphoto

重曹(タンサン)は掃除にも大活躍。重曹はアルカリ性のため、酸性の汚れを中和して落とします。酸性の汚れとは、台所の油汚れ、手あか、皮脂汚れなど。口に入れても安全な重曹(タンサン)は、キッチンの掃除にも安心して使えますね。使用する場所や汚れ具合に合わせて、粉、スプレー、ペースト状と使い分けるのがコツです。ここからは、掃除用としての使用例を見ていきます。

1.粉のままで使う

ぬらしたスポンジに重曹(タンサン)小さじ1程度をつけ軽くこすると、食器についた茶しぶや黒ずみが落ちます。これは、重曹(タンサン)の研磨作用によるものです。重曹(タンサン)の結晶は丸く、非常に小さいため、食器を傷つけることがありません。

また、重曹(タンサン)には消臭・吸湿作用があるため、カーペットの上にうっすらとふりかけ数時間放置した後、掃除機で吸引すれば、におい対策になります。

2.水に溶かして使う

水100mlに重曹(タンサン)小さじ1を溶かして重曹水を作り、スプレーボトルに入れて使います。お風呂の床や浴槽にスプレーしてこすれば、汚れがすっきり落ちますよ。フローリングの皮脂汚れにも効果的。スプレーした後は乾いた雑巾でふきとりましょう。キッチンのコンロまわりや換気扇にまめにスプレーしておくと、油がこびりつきにくくなり、掃除がラクに。

3.ペースト状にして使う

ひどい汚れにはペースト状にしたものを使います。重曹ペーストは、重曹(タンサン)大さじ2-3に水大さじ1を少しずつ加え、練り合わせれば完成です。フライパンや鍋の焦げつきに重曹ペーストを塗り、スポンジの硬い面でこするとポロポロとはがれますよ。

焦げつきがひどい場合は、重曹ペーストを塗り、しばらく放置しましょう。重曹(タンサン)の発泡作用の働きで汚れが浮き上がり、とれやすくなります。衣服についた皮脂汚れや黄ばみ、油シミを落としたいときにも使ってみてください。

クエン酸との違いは?

クエン酸も掃除に便利だとよく聞きますね。アリカリ性の重曹(タンサン)は酸性の汚れ落としが得意ですが、クエン酸は、「酸」とついていることからもわかるように酸性の物質のため、アルカリ性の汚れを中和して落とします。アルカリ性の汚れは、水アカ、せっけんカス、ミネラルなどです。

洗面所のシンクやトイレの便器には、クエン酸水をスプレーしてこすりましょう。クエン酸も、粉末・スプレー・ペースト状にして使えるので、汚れの程度に合わせて活用してください。

\次のページで「重曹(タンサン)の活用法3.入浴剤」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: