雑学

簡単でわかりやすい!ワラビーとカンガルーの違いとは?ワラルーって何?見分け方や生息地、有袋類の仲間についても雑学大好き図書館司書が詳しく解説

この記事ではワラビーとカンガルーの違いについて見ていきます。カンガルーと聞いて何を思い浮かべる?卓越したジャンプ力、おなかのポケットにいる子ども、ボクシング、といったところでしょうか。では、ワラビーのイメージはどうだ?カンガルーに似ている気がしますが、どこがどう違うのか分かるか?カンガルーやワラビーによく似たワラルーという動物もいるらしいのです。今回は、ワラビーとカンガルーの違いや見分け方、ワラルーや有袋類のほかの仲間についても、雑学大好き図書館司書のひろみと一緒に解説していきます。

ライター/ひろみ

図書館司書として勤務18年目の主婦ライター。利用者から寄せられるさまざまな疑問に答えるため、日々尽力している。

ワラビーとカンガルーの違いは体長!

image by iStockphoto

ワラビーとカンガルー、なんとなく似たイメージがありますが、違いを知っていますか?どちらも、有袋類でカンガルー目カンガルー科に分類され、生物学上は同じ動物です。夜行性、臆病な性格など習性にも大きな違いは見られません

では、ワラビーとカンガルーは、どのように見分けるのでしょう?それは、ズバリ体長です。大きめのものをカンガルー、小さめものをワラビーと呼びます。ここからは、ワラビーとカンガルーの大きさについて見ていきましょう。

小型:ワラビー

ワラビーはカンガルー目カンガルー科に属する種のうち、小型のものを指します。体長は約25-75cm、体重は25kg以下。スナイロワラビーやアカクビワラビーなど約30種類いると言われています。発音が似ていることから、1989年に埼玉県蕨市のマスコットキャラクターに制定されました。

大型:カンガルー

カンガルー目カンガルー科に属する種の中で大型のものが、カンガルーと呼ばれます。体長115-160cmが目安とされており、50種類以上が生息。アカカンガルー、オオカンガルー、クロカンガルーなどは日本の動物園でも飼育されています。

中型のものはワラルーと呼ばれる?

同じカンガルー目カンガルー科に分類され、ワラビーより大きく、カンガルーよりは小さい、体長75-115cm前後中型のものをワラルーと言います。ワラルーは、ケナガワラルー、クロワラルー、アカワラルーの3種類しかいません。

ワラビーとカンガルー、体長以外の見分け方はある?

image by iStockphoto

ワラビーとカンガルーの大きな違いはその体長だと分かりました。それ以外の見分け方や違いはないのでしょうか?ワラビーやカンガルーは、発達した後ろ足と体を支える太い尻尾が特徴ですが、この後ろ足と尻尾がカンガルーに比べるとワラビーは短くなっています

見た目以外の違いは、生息地です。ワラビーはオーストラリアのみに生息していますが、カンガルーはオーストラリア以外にタスマニア島やニューギニア島でも見られます。また、オーストラリアの輸出許可があれば、ワラビーは日本でペットとして飼える点も違いと言えるかもしれません。ダマワラビーは大きめのうさぎや猫ぐらいの大きさで飼いやすく、人気があるようです。

\次のページで「有袋類のほかの仲間についても知ろう!」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: