ビジネス雑学

3分で簡単にわかる契約書と約定書の違い!融資を受ける際は?念書や覚書との違いも雑学好きライターがわかりやすく解説


公私問わず何かしらの約束事を記載した書類に「契約書」があるな。同様に「約定書」という言葉も存在する。しかしこれらの言葉の違いがわかっている人は少ないでしょう。
今回は「契約書」と「約定書」の違いについて、雑学好きライターのおおつけと一緒に解説していきます。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

契約書と約定書の違い

image by iStockphoto

私たちは売買契約を結ぶときに「契約書」を書いたり、ローンを組んだりするときに「約定書」を書いたりしますよね。果たしてこれらの違いは一体何なのでしょうか。ここではまず「契約書」と「約定書」の違いについて解説していきます。

どちらも約束事を記載した書類

結論から言えば、「契約書」と「約定書」の間に意味としての大きな違いはありません。どちらも「約束事を記載した書類」で、法的な効力も同等です。個人間、法人間でも「契約書」であったり「約定書」であったりしますが、同じものと理解して問題ないでしょう。

使い方によって異なる

ではなぜ「契約書」と「約定書」という2つの言葉が存在するのでしょうか。それは日本において、約束を結ぶシーンによって両者を使い分ける社会的な慣例ができているからです。なので業界や契約内容によって使い分けているだけで、本質的には同じ言葉なんですね。

約定書を使うシーン

image by iStockphoto

「契約書」と」「約定書」が同じような意味を持っていることは先ほど解説しました。しかし私たちの日常生活において「契約書」は頻繁に見かけるものの、「約定書」を見かけることは多くありません。ここでは「約定書」がどのようなシーンで使用されるのかを解説していきます。

\次のページで「金融機関から融資を受けるとき」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: