雑学

3分で簡単にわかる!「マスカルポーネ」と「クリームチーズ」の違い!製法やおすすめレシピも主婦ライターがわかりやすく解説

この記事ではマスカルポーネとクリームチーズの違いについてみていきます。どちらも生乳を原料とするフレッシュチーズであり、そのまま食べるのはもちろんお菓子作りにもよく使われるチーズですね。実は、マスカルポーネもクリームチーズも同じフレッシュチーズなのですが、味や製法に違いがあるみたいなんです。今回はマスカルポーネとクリームチーズの違いを、製法や味わいも比較しながら、文学好きの主婦ライターえぬともと一緒に解説していきます。

ライター/えぬとも

食べることが大好きな主婦ライター。2児の子育て中で、日々簡単で美味しいレシピを探索している。今回は主婦としての経験を生かして、2つの違いをわかりやすく解説していく。

マスカルポーネとクリームチーズの違い

マスカルポーネとクリームチーズ、みなさんは食べたことがありますか?どちらもお菓子作りなどにもよく使われる美味しいチーズですよね。実は、マスカルポーネもクリームチーズも同じフレッシュチーズの仲間。しかし、製法が少し異なるため味や向いている食べ方に違いがあるのです。それでは、1つずつ詳しくみていきましょう。

マスカルポーネとは?

image by iStockphoto

マスカルポーネはイタリア原産のフレッシュチーズ。イタリアのデザートであるティラミスの材料としてもよく知られていますよね。製法は、生クリームを加熱しクエン酸を加えて固めたものを布などでこし、水分を除いて作ります。質感はもったりとしたクリーム状。酸味や塩分は控えめですが、ほのかな甘みとコクがある食べやすいチーズです。

マスカルポーネの使い方

マスカルポーネは酸味や塩分が少ないため、リゾットやお菓子作りによく使われています。単体で食べることにはあまり向きませんが、生ハムと合わせて食べたり、ジャムやフルーツなどと一緒に食べたりするのもおすすめ。また、まろやかな風味があるため、苦みの強いコーヒーやブランデーなどのお酒とも相性が抜群です。

\次のページで「クリームチーズとは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: