雑学

簡単にわかる従業員と社員の違いとは?どんな人が含まれる?雇用形態や保障も社会福祉士ライターが詳しく解説

この記事では従業員と社員の違いについてみていきます。どちらも会社をはじめとする組織で働く人というイメージがあるよな。従業員の種類の1つが社員ではありますが、似たような言葉が多く従業員の範囲がわかりにくいようです。今回はそんな雇用に関する2つの言葉の違いを、社会福祉士の資格を持つれおな=007と一緒に解説していきます。
れおな=007

ライター/れおな=007

会社員として勤務する傍ら執筆活動を続けるWEBライター。社会福祉士の資格取得の際に、労働や社会保障に関する知識を習得。加えて大学卒業後のフリーター経験もあり、雇用形態に関する知識をさらに学習。これらを使った独自の切り口で、本記事を執筆していく。

従業員と社員の大まかな違いは?

従業員と社員はその会社で勤務する人ではありますが、どのような点に違いがあるのでしょうか。本項では従業員と社員が示す範囲について、具体例を挙げながら詳しくみていきます。

従業員:会社と直接雇用契約を結んでいる人全員

image by iStockphoto

従業員という言葉には、会社と直接雇用契約を結んでいる人の全員が含まれます。そのため正社員はもちろん、パートやアルバイトも従業員の一員です。つまり勤務時間の長短や期間の有無に関わらず、契約した会社から直接指示を受けた業務を行い給料が支払われるのであれば従業員に該当します。

社員:正社員

image by iStockphoto

従業員の中でも社員は正社員と呼ばれることもあり、フルタイム勤務で契約の期間が決まっていないことが一般的です。パートやアルバイトに比べて裁量や責任が大きく、それ相応の給料や福利厚生が受けられます。

\次のページで「従業員と会社の関係とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
れおな=007