この記事では証券外務員一種と二種の違いについてみていきます。証券外務員とは、証券会社や銀行などで金融商品の販売・勧誘を行う際に必要な資格のことで、「一種」と「二種」の2種類があるんです。違いはずばり「取り扱うことができる商品」のようですが、試験内容や難易度にも違いがあるみたいです。今回は証券外務員試験の一種と二種の違いについて、特徴や試験内容の違いも確認しつつ、元銀行員の主婦ライターえぬともと一緒に解説していきます。

ライター/えぬとも

元銀行員の主婦ライター。証券外務員試験一種の資格を持っており、個人営業として投資信託や保険など金融商品の販売・勧誘を行っていた経験がある。今回はその経験を生かして、2つの違いについてわかりやすく解説していく。

そもそも証券外務員とは?

image by iStockphoto

証券外務員とはそもそもどのような資格なのでしょう。金融関係の方以外はあまりなじみのない資格かもしれません。

証券外務員は、証券会社や銀行などで金融商品を販売・勧誘するときに必ず必要な資格です。金融商品とは、預金、投資信託、公社債や保険などのこと。これらを取り扱う職務を行う場合は、外務員資格試験に合格し、「日本証券業協会」の外務員登録を受ける必要があります。これは投資者の保護を目的とした制度で、外務員登録を受けていない人は金融商品の営業などを行うことはできません。

証券外務員一種と二種の違いについて

証券外務員一種と二種の違いは、ざっくりというと「取り扱うことのできる商品」一種は金融商品取引に関するすべての金融商品を取り扱うことが可能ですが、二種は取り扱うことができる商品が限られています。そのため、一種の方が試験の難易度が高く、出題範囲も広いです。一種の資格を持っていれば、二種合格と同様の資格を得たことになるので二種を受験する必要はありません。

1.取り扱える商品の違い

一種と二種の大きな違いとして取り扱うことができる商品が違います。二種外務員が扱うことができるのは現物取引のみ。現物とは、株式や債券、投資信託等のことです。一方、一種外務員は信用取引やデリバティブ取引なども含めた金融商品全般を取り扱うことができます。

2.試験内容の違い

image by iStockphoto

一種も二種も「法令・諸規則」「商品業務」「関連科目」の3つの分野から選択方式で出題されます。二種は基礎的な知識を中心に問われるのに対して、一種はより実務的で専門的な知識を求められる問題が多い傾向です。また、問題数や試験時間も異なっており、二種が70問/2時間、一種が100問/2時間40分となっています。

\次のページで「3.試験の難易度の違い」を解説!/

3.試験の難易度の違い

一種の方が専門的な知識を求められることや、問題数も多いことから試験内容としては一種の方が難易度は高いです。ただし、どちらも近年の合格率は7割前後で、一種と二種で大きな差はありません。どちらも高い合格水準なので、しっかりと勉強して臨めばかなりの確率で合格することができる試験だといえるでしょう。

一種と二種どっちを受験したらよいの?

image by iStockphoto

金融商品を扱う仕事をしたいけど、一種と二種どちらを受けたらいいのか悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。結論から言うと、私は一種の受験をおすすめします。理由は、どちらも受験資格の制限がなく、最初から一種に合格しておくと受験料などのコストも抑えられるからです。

また、どちらも選択方式が採用されており例年の合格率も高いので、わりと勉強しやすく高確率で合格が見込める試験ではないかと思います。ただ、一種の資格が特に必要ではない方やまずは二種の試験を受けて自信をつけたい方は、二種からチャレンジするのがよいかもしれません。

証券外務員一種と二種の違いは「取り扱える商品」

証券外務員一種と二種の大きな違いは「取り扱うことができる商品」。一種はすべての金融商品を取り扱うことができ、二種は現物取引のみに限定されます。金融商品を取り扱う仕事に就く場合は特に、金融に関する正しい知識を持ちそれを業務に生かすことが信用にも繋がるのではないでしょうか。一種も二種も、しっかりと学習して試験を受けることで幅広い知識を身につけることができますよ。

" /> 3分で簡単にわかる!証券外務員一種と二種の違い!どっちを受験するべき?試験内容や難易度についても主婦ライターが解説 – Study-Z
雑学

3分で簡単にわかる!証券外務員一種と二種の違い!どっちを受験するべき?試験内容や難易度についても主婦ライターが解説

この記事では証券外務員一種と二種の違いについてみていきます。証券外務員とは、証券会社や銀行などで金融商品の販売・勧誘を行う際に必要な資格のことで、「一種」と「二種」の2種類があるんです。違いはずばり「取り扱うことができる商品」のようですが、試験内容や難易度にも違いがあるみたいです。今回は証券外務員試験の一種と二種の違いについて、特徴や試験内容の違いも確認しつつ、元銀行員の主婦ライターえぬともと一緒に解説していきます。

ライター/えぬとも

元銀行員の主婦ライター。証券外務員試験一種の資格を持っており、個人営業として投資信託や保険など金融商品の販売・勧誘を行っていた経験がある。今回はその経験を生かして、2つの違いについてわかりやすく解説していく。

そもそも証券外務員とは?

image by iStockphoto

証券外務員とはそもそもどのような資格なのでしょう。金融関係の方以外はあまりなじみのない資格かもしれません。

証券外務員は、証券会社や銀行などで金融商品を販売・勧誘するときに必ず必要な資格です。金融商品とは、預金、投資信託、公社債や保険などのこと。これらを取り扱う職務を行う場合は、外務員資格試験に合格し、「日本証券業協会」の外務員登録を受ける必要があります。これは投資者の保護を目的とした制度で、外務員登録を受けていない人は金融商品の営業などを行うことはできません。

証券外務員一種と二種の違いについて

証券外務員一種と二種の違いは、ざっくりというと「取り扱うことのできる商品」一種は金融商品取引に関するすべての金融商品を取り扱うことが可能ですが、二種は取り扱うことができる商品が限られています。そのため、一種の方が試験の難易度が高く、出題範囲も広いです。一種の資格を持っていれば、二種合格と同様の資格を得たことになるので二種を受験する必要はありません。

1.取り扱える商品の違い

一種と二種の大きな違いとして取り扱うことができる商品が違います。二種外務員が扱うことができるのは現物取引のみ。現物とは、株式や債券、投資信託等のことです。一方、一種外務員は信用取引やデリバティブ取引なども含めた金融商品全般を取り扱うことができます。

2.試験内容の違い

image by iStockphoto

一種も二種も「法令・諸規則」「商品業務」「関連科目」の3つの分野から選択方式で出題されます。二種は基礎的な知識を中心に問われるのに対して、一種はより実務的で専門的な知識を求められる問題が多い傾向です。また、問題数や試験時間も異なっており、二種が70問/2時間、一種が100問/2時間40分となっています。

\次のページで「3.試験の難易度の違い」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: