雑学

簡単で分かりやすい!袋帯と名古屋帯の違いとは?丸帯や半幅帯との違いも衣装マニアライターが詳しく解説!

この記事では袋帯と名古屋帯の違いについてみていきます。ふたつとも着物を着るのには欠かせない帯の種類の名前ですね。ふたつの違いは様々ありますが、1番分かりやすい違いはズバリ、長さや形状の違いのようです。今回はそんな着物を着るのに欠かせないアイテムの違いを、同じ帯の種類である丸帯や半幅帯の違いも見つつ、衣装マニアライターのことはと一緒に解説していきます。

ライター/ことは

元教員ライター。小・中・高の国語科教員免許を持つ一方で、ステージ衣装やコスプレ衣装マニアな一面も持つ。今回はそんな衣装に関する知識を生かして、ふたつのアイテムの違いを分かりやすく解説していく。

袋帯と名古屋帯の違いとは?

image by iStockphoto

名古屋帯と袋帯は、どちらも着物を着るときに欠かせない帯の名前として、和装をするときには頻繁に耳にする言葉ですよね。しかし、着物を着る機会が減ってきている現代では、ふたつの帯の違いを明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか?

このふたつ実は、形状や長さ、結び方、格の高さなど様々な違いがあります。今回は、違いがあいまいになりやすいふたつのアイテムの違いを、様々な面から詳しくみていきましょう。

袋帯と名古屋帯の特徴

image by iStockphoto

名古屋帯と袋帯では、歴史的な面から見ても違いがあります。袋帯の方が歴史は古く、袋帯を改良したものが名古屋帯です。このような点も含め、具体的な違いをみていく前に、ふたつの帯の特徴を確認しておきましょう。

袋帯とは?

袋帯は、古くから日本の礼装に使われてきた丸帯の、高価で着付けが大変であるという点を改良して明治時代に誕生した帯です。現代では、一般的にフォーマルな式典やお祝いの場などで使われることが多いため豪華な模様のものや、おしゃれ帯としても使用できるワンポイントが施されているものなど種類も豊富にあります。幅広い用途で使えることもあって、帯の中でも人気のある帯と言えるでしょう。

帯の表と裏の異なる2つの生地を袋状に縫い合わせて仕立てていることが、「袋帯」という名前の由来になっています。

名古屋帯とは?

名古屋帯は、丸帯を改良してもなお着付けが大変だった袋帯をさらに改良して作られた帯の種類です。大正時代に女学校の先生が考案した名古屋帯は、その後昭和時代にかけて開発され全国に広がりましたが、帯の中では歴史の浅い帯と言えるでしょう。

袋帯を簡略化させて着付けをしやすくしたものが名古屋帯なので、名古屋帯は一般的にカジュアルな場面向きと言えます。着物の中でも「普段着」と呼ばれる小紋や紬などを着るときには最適な帯です。

\次のページで「袋帯と名古屋帯の具体的な違い」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: