雑学

簡単でわかりやすい部屋着とパジャマの違い!着用する目的や似た言葉との違いも文学部卒ライターが詳しく解説

この記事では部屋着とパジャマの違いについてみていきます。どちらも家でくつろぐ際に着用する気楽な服というイメージがあるでしょう。しかし、着用する目的で細かく区別するなどちょっとした違いがあるみたいです。今回はそんな自宅で着用する衣服についてもともとの意味から確認しつつ、似た区別のつきにくい語についても、肌触りのよい服が好きな文学部卒ライター海辺のつばくろと一緒に解説していきます。

ライター/海辺のつばくろ

家ではまったりと、綿のスウェットパンツやTシャツなどの格好で過ごすのが好きな文学部卒ライター。

部屋着とパジャマのざっくりとした違い

image by iStockphoto

部屋着もパジャマも、主に家の中、旅行先では宿泊施設の室内で着用する衣服というイメージが強いです。2つの衣類の違いについて確認しましょう。

部屋着:家でくつろぐ時の衣服

部屋着とは、家の中などでくつろぐ際に着用する衣服のこと。古語では「遊女が部屋にいる時の着物」を意味したこともあったようですよ。

現代の部屋着はゆったりとした形で、着心地がよいものが多いです。大きめのTシャツや体の線を拾わないパンツやスカート、スウェット素材の上下セットなどでおなじみですね。夏なら短い丈のパンツ、冬ならネルやフリースなどの起毛素材が使われているものもあります。

でも、いくら室内用といっても、宅配便のドライバーが来た時すぐにドアに出られるような服を着ているという方もいるようです。近年では自宅でリモートワークを許可する会社も見られるようになり、モニター越しでスーツに見える部屋着を販売するメーカーもありました。

パジャマ:寝る時に着用する上下に分かれた服

パジャマも部屋着と同じで室内で着用する衣類ですが、寝る時に着る上下に分かれた服を指します。いわゆる「寝間着」や「寝巻」のこと。ただ、寝巻では和風のものをイメージする場合もありますが、パジャマは西洋風のTシャツタイプやボタンで留めるシャツタイプの上着にズボンというような形です。

もともとはインドの民族衣装をヒンディー語などで表した「パージャーマー」から由来します。ただ、「パージャーマー」自体はズボンのことで、上着は「クルター」。現地に駐在していた西洋人が寝間着代わりに利用して、その名が広がったと言われています。

部屋着とパジャマの使い分け方と疑問

image by iStockphoto

部屋着とパジャマは一緒、もしくは、パジャマを部屋着代わりにしている、もしくはその逆にしているという方もいるかもしれません。2つの状況別の使い分け方や疑問点について見ていきます。

\次のページで「1.洗濯するタイミングや回数:できれば毎日・最低でも2~3日に1回」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: