雑学

3分で簡単にわかる「心遣い」と「気遣い」の違い!意味や具体例・「心配り」「気配り」との違いもビジネス文書熟練者が解説!

感謝やお礼を伝えるときに「心遣い」や「気遣い」といった言葉がよく使われるのを目にするよな。どちらも意味は似ているが、言葉によって使い方に違いがあるみたいです。
今回はこの違いについて、言葉の使い方にこだわるビジネス文書熟練者の西風と一緒に解説していきます。

ライター/西風

企業にて10年以上にわたりビジネスパーソンとの交流や企画書・論文作成を経験。現在は後進育成にも注力。文章のわかりやすさはもちろん、言葉の意味や使い方にもこだわり、わかりやすく正確な情報をお届けします。

「心遣い」と「気遣い」の違いとは?

image by iStockphoto

この2つはビジネスなどで、ていねいに感謝やお礼を伝えるときに使われる言葉です。しかし、「正確な違いがわからない」「適切に使い分けができない」という人も多いのではないでしょうか。この2つの違いを理解することで、相手や内容によって言葉を適切に使い分けられるようになり、ビジネスマナーも上達します。それでは、2つの違いについてくわしく見ていきましょう。

「心遣い」は心を使うこと

“心”は思いや内心といった意味をもつ漢字です。その“心”を使う「心遣い」は、心から思いやりをもって対応することを表しています。

「気遣い」は気を使うこと

“気”は、意識という意味を持つ漢字です。その“気”を使う「気遣い」は、頭や神経を使い、意識を相手に向けて対応することを表しています。

「心遣い」の意味や具体例

image by iStockphoto

ここから「心遣い」と「気遣い」の違いに着目してくわしく見ていきましょう。

「心遣い」の意味

「心遣い」を辞書でくわしく調べると、以下のように記載されています。

1.あれこれと気を配ること。心配り。配慮。「温かい―」
2.祝儀。心付け。「目をかけて、―もせし人を」〈人・梅児誉美・四

引用:デジタル大辞泉

\次のページで「「心遣い」の具体例」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: