現代社会

なぜ美濃部亮吉都政は評価が分かれる?政策や批判された点などを行政書士試験合格ライターが簡単にわかりやすく解説

今回は、美濃部亮吉について学んでいこう。

革新知事として独自の政策を次々と実施した美濃部亮吉ですが、その政策には批判の声も上がっていた。なぜ美濃部都政は評価が分かれるのでしょうか。

美濃部亮吉都政が実施した政策の内容やその評価が分かれる理由などを、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していきます。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

美濃部亮吉が東京都知事になるまで

image by iStockphoto

まずは美濃部亮吉が東京都知事になるまでを簡単に振り返ってみましょう。

父は「天皇機関説」の美濃部達吉

美濃部亮吉(みのべりょうきち)は、1904(明治37)年に当時の東京府で生まれました。父は憲法学者の美濃部達吉です。「天皇機関説」という言葉を日本史の教科書などで知っている人は多いでしょう。美濃部亮吉の父・達吉は大日本帝国憲法の学説である「天皇機関説」を唱えて有名になりました

亮吉も父と同様に東京帝国大学に進学しましたが、学んだのは法律学ではなく経済学でした。マルクス経済学者の大内兵衛に師事したのです。東大を卒業した亮吉は法政大学で教授となりますが、1938(昭和13)年の第2次人民戦線事件に大内らとともに巻き込まれます。無罪となりましたが、同年に法政大学教授を辞任しました。

革新都知事の誕生

終戦直後の美濃部亮吉は、毎日新聞の論説委員や内閣統計委員会の事務局長などを歴任します。1949(昭和24)年からは東京教育大学(現在の筑波大学)の教授となりました。その間は、経済安定本部参与や行政管理庁統計基準部長を兼任。さらに、NHKで放送されていた『やさしい経済教室』で講師を務めました。

1967(昭和42)東京都知事選挙に美濃部が立候補。社会党や共産党の推薦を受け、さらに恩師である大内兵衛から説得されての出馬でした。接戦となりましたが、テレビ出演していた美濃部は知名度を生かして見事に当選社会党と共産党を支持基盤とする革新都知事が誕生したのです

福祉政策が充実していた美濃部亮吉都政

image by iStockphoto

美濃部亮吉が東京都知事として重点的に取り組んだのが福祉政策です。美濃部都政では、どのような福祉政策が行われたのでしょうか。

\次のページで「高齢者の医療無料化」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: