雑学

3分で簡単にわかる!「能率」と「効率」の違い!「生産性」との違いも主婦ライターが詳しくわかりやすく解説

この記事では「能率」と「効率」の違いについてみていきます。2つとも仕事のはかどり具合を表すよく似た意味の言葉で、ビジネスシーンではもちろん日常的にもよく使う言葉ですね。違いはずばり「比較する対象」であり、明確に使い分けることが必要なんです。今回は異なる意味を持っているが混同しやすい「能率」と「効率」の違いを、意味をしっかりと確認しつつ、文学好きの主婦ライターえぬともと一緒に解説していきます。

ライター/えぬとも

文学好きな主婦ライター。大学時代は日本文学を専攻しつつ、日本語学や日本美術史など幅広く学ぶ。今回は、その知識を生かして、2つの言葉の違いをわかりやすく解説していく。

「能率」と「効率」の違いとは?

「能率」と「効率」、どちらも日常的によく使う言葉ですが2つの違いをご存知でしょうか。2つとも仕事のはかどり具合を表す言葉で、意味も使われる場面もよく似ていて使い分けが難しいですよね。ざっくりというと、2つの違いは「比較する対象」。「能率」は一定時間にできる仕事の割合、「効率」は労力に対する成果の割合を表します。それでは、詳しく見ていきましょう。

「能率」の意味

image by iStockphoto

「能率」には次のような意味があります。

1.一定時間内にできる仕事の割合。仕事のはかどり方。
2.物理学で、モーメントのこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「のうりつ【能率】」

「能率」とは、ある定められた時間内でできる仕事の割合のこと。例えば、A社が1時間で製品を100個作り、B社が同じく1時間で製品を200個作ることができる場合、B社の方が能率がよいということです。この場合、かかったコストや労力などは考えず、絶対的な仕事量のみを比較します

「能率」の使い方

「能率」はそのまま使うことも多いですが、「能率的」という形容動詞として使うこともよくあります。次に、用例をいくつかみていきましょう。

\次のページで「「効率」の意味」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: