雑学

3分で簡単にわかるDVD-R DLとDVD+R DLの違い!-と+の違いや再生できない理由も工学系院卒ライターがわかりやすく解説!

DVDの種類

DVDは読み取り専用型記録型があります。読み取り専用型はいわゆるDVD-ROMで、書き込みも削除も一切できません。ROMはRead Only Memoryの略です。

記録型ライトワンス型リライタブル型の2つに分けられます。前者に分類されるのはDVD±R/±R DLで、RはRecordableの略です。書き込みできるのは一度だけですが、空き容量がある限りは追記が可能なため、追記型とも呼ばれます

後者に分類されるのはDVD±RWで、RWはReWritableの略です。何度も書き込みができますが、書き換える前にすべてのデータをいったん消去する必要があります。なお、コンピュータ用に特化したDVD-RAMは、全消去しなくても書き換えが可能です。

記録層を持つディスク同士を貼り合わせた両面DVDもありますが、容量が多い片面2層やブルーレイが普及したこともあり、現在は読み取り専用型・記録型ともほとんど流通していません。

DVD-R DLとDVD+R DLの違い

1回だけ書き込めるライトワンス型記録層が2つある片面2層容量8.5GBと、共通点の多いDVD-R DLとDVD+R DL。両者の決定的な違いは「-」と「+」の規格です。さらにはDLの意味も異なり、前者がDual Layerデュアルレイヤー)の略であるのに対し、後者はDouble Layerダブルレイヤー)の略となっています。

なぜ「-」「+」の違いが生まれたのか、DVDの開発経緯から解説しましょう。

\次のページで「DVD規格争い」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: