雑学

簡単でわかりやすい!モンキーとエイプの違いとは?2つのサルの見分け方や生態を詳しく解説

この記事ではモンキーとエイプの違いについてみていきます。2つとも動物のサルを指す英語として知られていますね。じつはこの2つは、分類上まったく別のサルを指しているぞ。世界には「モンキー」じゃないサルもいるんです。今回は2種類のサルの違いを、定義から確認しつつ、大学で生物学を学んだライター2scと一緒に解説していくぞ!

ライター/2sc

生物学をこよなく愛するライター。大学の研究室で「生態学」を学び、卒論を制作した。「生物の華麗なる生き様」をお届けすることがモットー。

モンキーとエイプの大まかな定義

image by iStockphoto

モンキー(英:monkey)とエイプ(英:ape)はどちらも、霊長類に分類される哺乳動物です。日本語ではヒト以外の霊長類をひとまとめにして「サル」と呼びます。

ですが世界では、サルを細かく3つのグループに分けて区別。3つのグループ名真猿・類人猿・原猿とよばれます。そして英語の「モンキー」と「エイプ」はそれぞれ、真猿と類人猿に対応する言葉。この2つのサルについてそれぞれ紹介していきます。

おなじみの「モンキー」

最も身近なサルであるニホンザルは「モンキー」です。「モンキー」こと真猿はアフロ・ユーラシア大陸の「旧世界ザル」と南米大陸の「新世界ザル」2グループからなります。

旧世界ザルにはニホンザルやマンドリル、ヒヒなどが該当。孫悟空やハヌマーンなどアジアの文化に欠かせない動物です。一方リスザルやマーモセットなど、新世界ザルペットとして人気のサル。「モンキー」は私たちにとってなじみの深いサルといえますね。

モンキーよりも人に近い「エイプ」

先ほどの旧世界ザルから派生した、より私たちに近いグループが存在します。それがヒト上科に属する類人猿。英語で「エイプ」と呼ばれる、高い知能をもつサルです。

チンパンジーとゴリラ、オランウータン、テナガザルがこの類人猿に属します。「エイプ」と「モンキー」は全く別の生き物。たとえばオナガザル科のニホンザルとは違って、チンパンジー私たちと同じヒト科に分類されるのです。

\次のページで「モンキーとエイプの具体的な見分け方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: