パソコンを使うときにはキーボードを使うよな。タブレットでも使うこともある。そんなキーボードは日本では日本語キーボードが主流ですが、英語キーボードもある。

ですが日本でなんでわざわざ英語のキーボードを売っているのか疑問に思わないか。もちろん、日本在住の外国人向けということもあるでしょうが、日本人でも英語キーボードを使う人がいる。日本語キーボードと英語キーボードの違いや、日本人がわざわざ英語キーボードを使う理由を実際に英語キーボードを使ったこともあるプログラマでもあるライターのwoinaryと一緒に解説していきます。

ライター/woinary

某社で社内向け業務システムの開発、運用を30年近くやっていたシステム屋さん。英語キーボードの利用経験もある。現在はフリーランス。ガジェットやゲーム、ラノベが大好きなおっさんです。

何が違う?キーボードの日本語配列と英語配列

image by iStockphoto

最近はスマホやタブレットでなんでもできるので、パソコンを使わない方も増えています。しかし、会社などではまだまだパソコンを使うことも多いでしょう。そのパソコンを使うのに必要なのがキーボード日本で一般的に売っているパソコンに標準で付いているものは日本語キーボードが主流です。

しかし、店に行けば英語キーボードも売っています。また、一部のノートパソコンではカスタマイズで英語キーボードに変更可能な場合も。ざっくり言えば日本語キーボードは英語キーボードに日本語変換用のキーを追加したものです。普通に使うのであれば日本語キーボード一択と思うかもしれません。ではなぜ英語キーボードが売っているのかを説明していきます。

違い1.日本語入力専用のキーがある

まずは英語キーボードと日本語キーボードの違いを確認しましょう。1番の違いは日本語キーボードには日本語入力専用の変換や日本語入力の切り替えのためのキーが増えていること。英語キーボードはそのキーの数から101キーボードと呼ぶことがあります。一方、日本語キーボードは日本語入力のためのキーが増えていることから106キーボードとも。

では、英語キーボードでは日本語入力できないのでしょうか。安心してください。設定は必要ですが、英語キーボードでも日本語入力は可能です。ただ、専用のキーがないため慣れないと不便かもしれません。

\次のページで「違い2.記号の配置が違う」を解説!/

違い2.記号の配置が違う

日本語入力用のキーの他にも、記号の配置が英語キーボードと日本語キーボードでは違います。例えば、メールアドレスに使う「@」は日本語キーボードでは右の方のPの横です。これが英語キーボードではSHIFTキーを押しながらキーボード左上の数字が横に並んでいる部分の「2」を押して入力します。

「&」も日本語ではSHIFT+6ですが、英語ではSHIFT+7です。その他、英語では「;」と「:」、「'」と「"」が同じキー。しかし、日本語ではバラバラ。どちらかと言えば英語配列の方が似た記号がまとまっている感じがします。

ただ、これは現在主流の日本語キーボードの話です。実は昔は記号の配置が英語キーボードと同じ日本語キーボードもありました。プログラマを中心に一部で人気があったのですが、残念ながら今は見ることができません。

違い3.かな入力ができる

最後に、日本語キーボードにはかなが書いてありかな入力が可能です。ただ、2015年のある調査によるとローマ字入力の利用者が93%なのに対して、かな入力の利用者は5%とのこと。一般的にはローマ字入力を使うことが多いようです。

日本ではアルファベットを使うことも少なくないため、どちらにしろ英字の配列は覚える必要があります。単純に文字の数が少なくてよいこともあり、ローマ字入力の方が主流なのでしょう。そのため、かなが書いていない日本語キーボードというものも販売しています。

わざわざ英語キーボードを使う理由

image by iStockphoto

日本語を使う場合に便利なのはもちろん日本語キーボードです。またノートパソコンの場合は英語キーボードにすると価格が高くなるのが普通。需要が少ないため買取価格が下がることも。それなのになぜ英語キーボードをわざわざ使うのでしょう。ここでは主にプログラマの視点から、その理由をいくつか挙げていきます。

理由1.キーボードがスッキリ

見た目で違いが大きいのは、かな文字が印刷していないので日本語キーボードよりスッキリしているということです。上に書いたように多くの人がパソコンではローマ字入力を使っています。つまり、キーボードにかな文字が書いてあっても使わないわけです。

とくに一段目の数字のところなどは1つのキーに4文字も書いてあってごちゃごちゃしてますよね。好みの問題ですが、ごちゃごちゃしているよりはスッキリしている方がよいという人も多いのです。

理由2.キーの大きさが揃っている

とくにノートパソコンに多いですが、日本語キーボードは右端の方のキーが小さくなっているものも。これは日本語キーボードは日本語入力のキーが増えているため。本体のサイズは日本語でも英語でも同じですが、キーの数が多い分キーのサイズが小さくなってしまいます。

それならば全体的に小さくすればよいと思うかも。ただ、多くのパソコンではよく使うキーは通常のサイズにして、右端の使う頻度が低いキーを小さくすることが多いです。プログラマの場合はプログラムで記号を使うことも多くなります。そのため、キーボードの右の方にある記号の打ちやすさから英語キーボードを選択することも。キーボードを使う機会が多いからこそのこだわりですね。

\次のページで「理由3.他人と違う」を解説!/

理由3.他人と違う

最後の理由が、他人と違うから。多くの人は日本語入力を使うのに便利な日本語キーボードを使います。つまり、英語キーボードを使っているとそれだけで目立つわけです。実用面ばかり求めずに個性を主張するのもよいかと思います。

ここでは3つの理由を挙げましたが、他にも人によって理由は様々。例えば、30年40年とコンピューターを使っている人ならば、海外のコンピューターを使うことも多くなります。その場合、そもそも日本語キーボードがない場合も。そんな環境に慣れてしまうと英語キーボードの方が慣れているということもあります。結局、どちらが慣れていて使いやすいかが一番の選択理由です。

目的別、キーボードの選び方

image by iStockphoto

ここまで違いと、あえて英語キーボードを選ぶ理由を説明しました。それを踏まえて、ケースによってどちらを選ぶべきかを説明していきます。ただし、結論から言えば日本語入力をするのであれば日本語キーボードを選ぶのが無難です。どうしても英語キーボードがよいという理由がなければ、日本語キーボードを選びましょう。

ケース1.会社や学校で使う場合

会社の場合は、会社が買ったものを支給されるのでそもそも選択肢がないことが普通。そのため、多くの場合は日本語キーボード一択です。個人利用のものとは言え、基本的には会社のもの。使わなくなったパソコンを他の社員に回すこともあるので、選択できたとしてもあまり英語キーボードにすべきではありません。どうしても使いたければ、別に英語キーボードを買いましょう

学校では自分で買うケースが多いです。どちらにしろ個人のものなので自由に選択できます。ただ、その後、上に書いたように会社に入ると日本語キーボードを使うことになるのが普通。とくにこだわりがなければ日本語キーボードにしておくのが無難です。

ケース2.プログラマの場合

わざわざ英語キーボードを使う理由で説明した通り、プログラマには英語キーボードを好む人も多いです。しかし、プログラマも会社所属ならばただのサラリーマン会社支給のパソコンは通常は日本語キーボードと思ってください。一部の企業では英語キーボードを選択できるかもしれませんが、多くの企業では日本語キーボードでしょう。プログラマでも、設計書やメール、各種資料で日本語を書く機会の方が多いです。

ただし、プログラマの仕事では英語キーボードを使う機会があるのも確か。繋がっているのは日本語キーボードなのにキーを叩いて出てくるのは英語キーボードの文字という状況もあります。覚えておいて損はありません。

ケース3.ゲーミングPCの場合

ゲームでも通常は日本語キーボードがよいです。ただ、ゲームによっては色々な操作をキーボードでこなすため、右の方にある記号を使うことも多いものも。マニュアルなどの説明と実際のキーボードで記号の位置が違うので混乱することもあります。そのため、ゲームの種類によっては英語キーボードの方がよいことも

ただ、アルファベットやカーソルキーとマウスくらいしか使わないゲームならば関係ありません。日本語キーボードにしておきましょう。

\次のページで「とくに目的がなければ日本語キーボードがおすすめ」を解説!/

とくに目的がなければ日本語キーボードがおすすめ

日本語キーボードは英語キーボードに日本語入力用のキーを追加したもの。ただ、英数字以外の記号の配置が違います。そのため日本のパソコンに英語キーボードをつないでも、キーに書いてある文字と違う文字が出てくることも。日本ではほとんどの人が日本語キーボードを使っているので、英語キーボードは上級者向けになります。

それでも英語キーボードを使いたいことも。世界的な標準はもちろん英語キーボードです。海外ゲームなどでは記号の位置の違いで混乱することもあります。英語キーボードが必要なケースもあるので、その場合は英語キーボードを選びましょう。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 簡単でわかりやすい!日本語キーボードと英語キーボードの違いとは?どちらが向いているかをプログラマーがわかりやすく解説 – ページ 2 – Study-Z
IT・プログラミング雑学

簡単でわかりやすい!日本語キーボードと英語キーボードの違いとは?どちらが向いているかをプログラマーがわかりやすく解説

違い2.記号の配置が違う

日本語入力用のキーの他にも、記号の配置が英語キーボードと日本語キーボードでは違います。例えば、メールアドレスに使う「@」は日本語キーボードでは右の方のPの横です。これが英語キーボードではSHIFTキーを押しながらキーボード左上の数字が横に並んでいる部分の「2」を押して入力します。

「&」も日本語ではSHIFT+6ですが、英語ではSHIFT+7です。その他、英語では「;」と「:」、「’」と「”」が同じキー。しかし、日本語ではバラバラ。どちらかと言えば英語配列の方が似た記号がまとまっている感じがします。

ただ、これは現在主流の日本語キーボードの話です。実は昔は記号の配置が英語キーボードと同じ日本語キーボードもありました。プログラマを中心に一部で人気があったのですが、残念ながら今は見ることができません。

違い3.かな入力ができる

最後に、日本語キーボードにはかなが書いてありかな入力が可能です。ただ、2015年のある調査によるとローマ字入力の利用者が93%なのに対して、かな入力の利用者は5%とのこと。一般的にはローマ字入力を使うことが多いようです。

日本ではアルファベットを使うことも少なくないため、どちらにしろ英字の配列は覚える必要があります。単純に文字の数が少なくてよいこともあり、ローマ字入力の方が主流なのでしょう。そのため、かなが書いていない日本語キーボードというものも販売しています。

わざわざ英語キーボードを使う理由

image by iStockphoto

日本語を使う場合に便利なのはもちろん日本語キーボードです。またノートパソコンの場合は英語キーボードにすると価格が高くなるのが普通。需要が少ないため買取価格が下がることも。それなのになぜ英語キーボードをわざわざ使うのでしょう。ここでは主にプログラマの視点から、その理由をいくつか挙げていきます。

理由1.キーボードがスッキリ

見た目で違いが大きいのは、かな文字が印刷していないので日本語キーボードよりスッキリしているということです。上に書いたように多くの人がパソコンではローマ字入力を使っています。つまり、キーボードにかな文字が書いてあっても使わないわけです。

とくに一段目の数字のところなどは1つのキーに4文字も書いてあってごちゃごちゃしてますよね。好みの問題ですが、ごちゃごちゃしているよりはスッキリしている方がよいという人も多いのです。

理由2.キーの大きさが揃っている

とくにノートパソコンに多いですが、日本語キーボードは右端の方のキーが小さくなっているものも。これは日本語キーボードは日本語入力のキーが増えているため。本体のサイズは日本語でも英語でも同じですが、キーの数が多い分キーのサイズが小さくなってしまいます。

それならば全体的に小さくすればよいと思うかも。ただ、多くのパソコンではよく使うキーは通常のサイズにして、右端の使う頻度が低いキーを小さくすることが多いです。プログラマの場合はプログラムで記号を使うことも多くなります。そのため、キーボードの右の方にある記号の打ちやすさから英語キーボードを選択することも。キーボードを使う機会が多いからこそのこだわりですね。

\次のページで「理由3.他人と違う」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: