雑学

3分で簡単に分かる!「WBC」と「プレミア12」の違いとは?阪神ファンの日本語教師が野球ファン以外にも分かりやすく解説

みんなは「WBC」と「プレミア12」とについて聞いたことがあるかな。どちらも野球の国際大会の名前なのですが。俺はこの2つの違いがよく分からなくてな、野球好きの生徒に教えてもらってやっと理解できたよ。

ものすごく簡単に言えば、大会の格が違うな、格が。WBCの方が格が高いと言えるでしょうな。

今回はこの「WBC」と「プレミア12」の違いについて、阪神ファンの院卒日本語教師”むかいひろき”と一緒に解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で働く日本語教師。2005年から18年来の阪神ファンでもあり、ロシアの地からも阪神やプロ野球の情報は欠かさずチェックしている。これらの経験と趣味を活かし、「WBC」と「プレミア12」の違いを分かりやすく解説していく。

「WBC」と「プレミア12」は、どちらも野球の国際大会

image by iStockphoto

ある一定の時期になると、野球好きの知人が「WBC」や「プレミア12」と話しているのを見かけたことがある人がいるかもしれません。そして野球に少しは興味がある人も、「「WBC」と「プレミア12」の違いって何だっけ…」となる人も多いかもしれませんね。「WBC」と「プレミア12」は、どちらも野球の国際大会です。まずはそれぞれの大会の概要について見ていきましょう。

「WBC」:3月開催の3年に一度の頂上決戦!

「WBC」は「WORLD BASEBALL CLASSIC(ワールド・ベースボール・クラシック)」の略称ですね。この「WORLD BASEBALL CLASSIC(以下、WBC)」は、原則3年に1回・3月に開催される野球の国際大会です。2006年に第1回大会が行われ、2009年に第2回が、2013年に第3回、2017年に第4回、そして2023年に第5回が開催されます。

各回ごとに大会の方式は若干異なりますが、リーグ戦方式の第1ラウンド、リーグ戦方式かトーナメント方式の第2ラウンド、トーナメント方式の決勝ラウンド…の3つのステージがあり、各国が世界一を目指してしのぎを削るのです。

1国だけで開催するのではなく第1ラウンド~第2ラウンドはアメリカ、日本、台湾などの複数の国で決勝ラウンドはアメリカで開催されます。

「プレミア12」:11月開催の4年に一度の国際大会!

「プレミア12」は4年に1回・11月に開催される野球の国際大会です。2015年に第1回大会が、2019年に第2回大会が開催されました。

第1回大会と第2回大会で方式は若干異なり、第1回大会では2グループに分かれて総当たり戦のリーグ戦を行った後、上位4チームによる決勝トーナメントが行われました。第2回大会では3グループに分かれてのリーグ戦の後に、リーグ戦上位チームによる総当たり戦、そして3位決定戦と決勝…という流れでした。

WBCと同様に1国だけで開催するのではなく、複数の国を会場として試合が行われます。ただ、2大会とも準決勝以降は日本の東京ドームで開催されました。

\次のページで「何が違う?「WBC」と「プレミア12」の大きな違い2点」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: