雑学

3分で簡単にわかる!DVI-IとDVI-Dの違いとは?それぞれの機能の違いやVGA・HDMIとの違いも読書家ライターがわかりやすく解説!

この記事ではDVI-IとDVI-Dの違いについてみていきます。どちらも映像の出力を行う端子の一種ですが、それぞれ明確に機能が違う。混同してケーブル接続を行うと、映像が出力できなかったり解像度が荒くなることがあるため注意が必要です。今回はそんなDVI-IとDVI-Dの違いを、同じく映像端子であるVGAやHDMIとの違いとあわせて、読書家Webライターのハヤカワと一緒に解説していきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

DVI-IとDVI-Dの違いとは?

image by iStockphoto

DVI-IとDVI-DはどちらもHDMIやVGAなどと同じく映像端子の一種です。DVI-I・DVI-Dは主にパソコンとモニターの接続などに用いられており、パソコンと触れる機会の多い方は見かける機会も多いのではないでしょうか。DVI-I・DVI-Dは基本的な形状が同じであるため、どちらも同じ端子に接続することができますが、機能に違いがあります

混同して購入してしまうと、映像の解像度が低くなってしまったり映像が出力できない可能性があるため注意しましょう。また現在はDVI-Iはほとんど使われることがなく、単に「DVI」と指す場合はDVI-Dを表すのが一般的です。こちらもあわせて確認しておきましょう。

\次のページで「DVI-IとDVI-Dの機能の違い」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: