雑学

簡単でわかりやすい!寄付と寄附の違いとは?使う場面や団体、似た言葉との使い分けも文学部卒ライターが詳しく解説

この記事では寄付と寄附の違いについてみていきます。どちらも何らかの役に立つようにお金や物品などを相手に送るときに使われるイメージがあるよな。違いは使う場面や団体によって分けるようですが、使い分けに迷う場面も少なくないな。また、似たような言葉もいくつかあり、戸惑ってしまう人もいるかもしれない。今回は2つの言葉による違いを文学部卒のライター海辺のつばくろと一緒に解説していきます。

ライター/海辺のつばくろ

歳末たすけあい運動を見かけると、本当に援助が必要な人に回ってほしいと願う文学部卒ライター。

寄付と寄附は同じ意味

image by iStockphoto

「寄付」と「寄附」の意味は同じです。読み方も同様で「きふ」。「寄」という漢字はあずける、あつめる、おくるといったことを表します。「付」「附」については、あたえる、わたすといった意味。つまり、両方とも公共事業やNPO法人などの支援団体、宗教関係などの団体宛に金品を集めて渡す、もしくは贈るときに使われる言葉です。

寄付と寄附の使い分けや使う場面

image by iStockphoto

「寄付」と「寄附」の使い分けや、どのような時に使ったらふさわしいかみていきます。

寄付:日常一般で使う

「寄付」という語は、新聞やテレビの字幕などの書き言葉で日常的に使われます。寄付を募る、寄付金などのように用いてかまいません。被災された方や困っている方などを支援する団体、寺社などを対象にお金を贈る際に使うことが多いかもしれません。しかし、食料や毛布、肌着、書籍、文房具などの品物を贈る時にも使えます。

寄附:公用文や公共団体に関連して使う

では、「寄附」はどのような時に使うかというと、公用文や法令文、公共団体に関する文章などの書き言葉で用いられます。例えば、国税局のサイトや確定申告のパンフレットでは「寄附金控除」。総務省のサイトの説明書きには「ふるさと納税など個人住民税の寄附金税制」といったように表記されています。

\次のページで「寄付や寄附に似た言葉」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: