雑学

3分で簡単にわかる!「制作」と「製作」の 違い!「作成」や「作製」との使い分けも主婦ライターが詳しく解説

「作成」や「作製」との違いは?

image by iStockphoto

「制作」や「製作」と似ている言葉として、「作成」や「作製」などもあります。これらも主に「作る」という意味で使われますが、「何を作るか」によって使い分けが必要。漢字や読み方も似ていて、混同されることが多い言葉なので、頭の中を整理しながら意味と使い方を確認していきましょう。

「作成」の意味と使い方

「作成」という言葉には次のような意味があります。

1.計画や書類、また文章などを作ること。
2.(保険業界で)社員が顧客の名を借りて契約を結び、保険料は自分が負担すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「さくせい【作成】」

「作成」とは、主に書類関係のものを作ること。例えば、記事や計画書、企画などを作るときに使います。日常で使う言葉というよりは、ビジネスにおいて使う機会の方が多いかもしれませんね。

「作製」の意味と使い方

「作製」という言葉には、次のような意味があります。

\次のページで「「制作」と「製作」は何を作るかによって使い分けよう!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: