雑学

3分で簡単にわかる!「制作」と「製作」の 違い!「作成」や「作製」との使い分けも主婦ライターが詳しく解説

この記事では「制作」と「製作」の違いについてみていきます。どちらも「せいさく」と読む同音異義語であり、「(何かものを)作る」という意味で日常的によく使われる言葉ですね。違いは「何を作るか」ということのようですが、意味も非常によく似ていることから使い分けが難しのです。今回はそんな2つの言葉の違いを、意味や使い分けも確認しつつ、文学好きの主婦ライターえぬともと一緒に解説していきます。

ライター/えぬとも

文学好きな主婦ライター。大学時代は日本文学を専攻しつつ、日本語学や日本美術史など幅広く学ぶ。今回は、その知識を生かして、2つの言葉の違いをわかりやすく解説していく。

「制作」と「製作」の違いは?

「制作」と「製作」、どちらも「ものを作る」という意味で日常的によく使われていますが、意味や使う場面もよく似ていて混同しやすい言葉でもあります。そのため、いざ自分で使おうとすると、使い分けに迷ってしまうという方や混同して使っているという方も多いのではないでしょうか。今回は、「制作」と「製作」の意味の違いと使い分けについて詳しく解説していきます。

「制作」の意味

image by iStockphoto

「制作」には次のような意味があります。

芸術作品などを作ること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「せいさく【制作】」

「制作」とは、物品に限らず芸術作品を作ること。例えば、アート作品など美術品のほか、映画や音楽、テレビ番組などに対してはこちらの「制作」を使います。クリエイティブな活動をともなうものに対して使うというイメージで覚えておきましょう。

「制作」の使い方

「制作」は創作活動によって作られるものに対して使います。例文をいくつかみてみましょう。

\次のページで「「製作」の意味」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: