雑学

3分で簡単にわかる!「few」と「little」の違いとは?可算名詞・不可算名詞も英会話講師がわかりやすく解説!

この記事では「few」と「little」の違いについてみていきます。どちらも物の数量や程度を表す副詞です。名詞によって「few」と「little」のどちらが適切かを見分けるのが難しいと感じる人も多いでしょう。調べてみると、この2つは名詞の種類によって使い分けることができるみたいです。
今回はそんな「few」と「little」の違いを、接続する名詞の種類から確認しつつ、英会話講師まるっこと一緒に解説していきます。

ライター/まるっこ

幼児から高校生まで幅広い年齢層に英語を教えてきた英会話講師。海外の食べ物が大好きで、輸入雑貨店を見つければ必ずチェックする。世界の遺跡や史跡を訪れることが趣味。

可算名詞と不可算名詞

image by iStockphoto

「few」と「little」の使い分けをするために1つ1つの単語を暗記する必要はありません。実は、「few」と「little」には名詞の種類に基づいた法則があるのです。その名詞の種類とは「可算名詞」「不可算名詞」。まず「可算名詞」と「不可算名詞」がどのようなものかを見ていきましょう。

可算名詞とは

可算名詞とは「数えられる名詞」です。「数えられる名詞」とはどのようなものでしょうか?可算名詞とは「個数」で数量を表すことができる名詞を意味しており、○○個、○○匹、といった単位を使用することが特徴だといえますね。辞書の定義は次のようになります。

可算名詞《countable noun》:
英語で名詞を数に関する用い方の観点から分類した、単数と複数の対立が可能とみられるものをさす。一定の形状や限界をもち、一つ、二つと数えることができる

(出典:デジタル大辞泉)

可算名詞に該当するものは無数にあります。例えばapple, chair, dog, jacket, bag, carなど「1つ」と数えられるものの大半が可算名詞です。これらを英語で数えるときは次のように表現します。

an apple / two apples
  (1つのリンゴ) / (2つのリンゴ)
a chair/ two chairs 
     (1脚の椅子) /(2脚の椅子)
a dog  / two dogs
 (1匹の犬) / (2匹の犬)
a jacket / two jackets
 (1着のジャケット) / (2着のジャケット) 
a bag / two bags 
 (1個のカバン) / (2つのカバン)
a car / two cars
 (1台の車) / (2台の車) 

\次のページで「不可算名詞とは」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: