雑学

簡単でわかりやすい!「御家人」と「旗本」の違いとは?「大名」との違いも雑学マニアが詳しく解説

この記事では「御家人」と「旗本」の違いについてみていきます。どちらも歴史の授業で江戸時代に出てくるよな。違いは将軍への面会資格や給料のようですが、他にも住居やつける職業なども厳格に分けられていたみたいです。今回は時代劇にもよく登場するこの2つの違いを、当時の役割や暮らしぶりも交えつつ、雑学マニアの田坂と一緒に解説していきます。

ライター/田坂バーシル

子供の頃から本の虫で、些細な事柄も調べずにはいられない性質。小説、漫画はもちろん、歴史、芸術、宗教、宇宙、アンダーグラウンドまで興味は尽きないようだ。今日も文字の大海原に驚きとときめきを求める雑学マニア。

「御家人」と「旗本」とは?

Tokugawa Ieyasu2.JPG
狩野探幽大阪城天守閣, パブリック・ドメイン, リンクによる

歴史の授業で「御家人」「旗本」といった言葉を耳にしたことはありませんか?あるいは時代劇を見ていて出てきたけれど、違いがよくわからないという方もいるかもしれませんね。ここでは江戸時代の「御家人」と「旗本」について解説していきます。

まず基本になりますが、江戸時代とは関ヶ原の戦いで勝利をおさめた徳川家康が江戸に幕府を開いた1603年から、徳川慶喜が大政奉還により明治天皇に政権を返上した1867年までの、およそ260年間続いた時代のことです。

「御家人(ごけにん)」:直参で、御目見(おめみえ)以下の者

聞き慣れない言葉がいくつかありますので一緒に説明しましょう。まず「直参」というのは旗本・御家人の総称です。そして「御目見以下」とは、将軍に面会を許されていないということ。そしてこの「将軍」とは征夷大将軍となった徳川家康から、その後将軍職を引き継いだ15名の徳川宗家の当主を示しています。

つまり、御家人とは「将軍直属の部下の中で、将軍に直接の面会を許されていない下級の人」となりますね。なお御家人の中でも、以下の3つの家格に分けられていました。

\次のページで「「旗本(はたもと)」:知行高が1万石未満の直参で、御目見以上の者」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: