雑学

簡単にわかるDVD-5のDVD-9の違い!片面1層・2層とは?データ容量や見分け方も工学系院卒ライターがわかりやすく解説!


この記事ではDVD-5とDVD-9の違いについて踏み込んでいきます。どちらも一見同じDVDですが、情報を記録する部分の構造が異なっており、データ容量も倍近く違う。今回はこの2つのDVDの違いのほか、DVDの特徴や種類について、大学で記録媒体の研究をしていたライターthrough-timeと一緒に解説していきます。

ライター/through-time

工学修士で、言葉や文学も大好きな雑食系雑学好きWebライター。学生時代に学んだ記録媒体の知識を生かしつつ、DVD‐5とDVDー9の違いについて掘り下げていく。

DVDとは

image by iStockphoto

直径12cm厚さ1.2mmの樹脂製ディスクで、映像コンテンツやソフトウェアの販売・頒布のほか、コンピュータのデータ記憶用としても用いられるDVD。種類もさまざまあり、読み取り専用や記録可能なもののほか、構造的な分類としてDVD-5DVD-9があります。

これらの違いを説明する前に、DVDやCD、ブルーレイに代表される光ディスク、またDVDの特徴や開発経緯について解説しましょう。

光ディスクとは

円盤状の記録媒体をディスクメディア(またはディスク)といい、中でも、レーザー光を照射することでデジタル信号を読み書きするもの光ディスク光学ディスク)と呼びます。樹脂製ディスクの表面に微細な加工を施した記録層や反射層、保護層などの複数の層を形成したもので、ほかのディスクメディアと比べて汚れや衝撃に強く、持ち運びがしやすいのが利点です。

光ディスクは数多くの規格が存在し、時期や特性により世代が分かれます。代表的な第1世代光ディスクがCD(Compact Disc)、第2世代DVD第3世代ブルーレイ(Blu-ray Disc,BD)です。

DVDの特徴

DVD映像コンテンツの記録媒体として開発された光ディスクです。CDやDVDの記録面には、デジタル信号を表す小さなくぼみピット)が刻まれていますが、DVDのピットはCDより高密度でサイズも小さくなっています。また、レーザー光も波長が短いものを採用しており、CD波長780nmの近赤外線レーザーであるのに対し、DVD波長650nmの赤色レーザーです。

結果、DVDの容量は一番少ないものでもCDの約7倍4.7GBとなり、CDでは不可能だった長時間映像の記録が可能になりました。

DVDの開発経緯

image by iStockphoto

DVDの開発は、「家庭でも映画並みの映像を手軽に楽しんでほしい」と考えたハリウッド映画業界が、日本のメーカーに技術開発を持ちかけたのが始まりです。しかし開発は困難を極めた上、DVDの規格を巡って、東芝を中心とするメーカー連合とフィリップス社・ソニーの連合が対立してしまいます。

ハリウッド側の要望は「当時のメディアを上回る高画質・高音質の映像を、CDと同じ12cmディスク片面に135分収録」でした。が、規格統一の折衷案としてそれぞれの陣営の技術を採用した結果、要望より2分少ない133分相当の容量を持つDVDが完成したのです。

DVDの種類

DVDは読み取り専用型と記録型があり、記録型も大きく2つに分けられます。

\次のページで「DVDの名称」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: