雑学

簡単でわかりやすい公爵と侯爵の違い!どちらが上位?日本とヨーロッパの貴族制度も文学部卒ライターが詳しく解説

この記事では公爵と侯爵の違いについてみていきます。2つともどちらも同じ読みの「こうしゃく」です。太平洋戦争終了前までにあった華族制度で使われていたのですが、位の差などで異なっているようです。ヨーロッパと日本では使われ方の違いもあり、国内外で混乱することもあったという。今回は2つの言葉の違いを、国内外の使い方の比較をしつつ、文学部卒ライター海辺のつばくろと一緒に解説していきます。

ライター/海辺のつばくろ

華族制度とは縁のない生活をしているが、本の中に言葉が出てきて違いが気になった文学部卒ライター。

日本の「華族制度」:公・侯・伯・子・男の五爵制度

image by iStockphoto

「公爵」と「侯爵」、どちらも同じ読みの「こうしゃく」です。日本には、明治から昭和20年代にかけて、公・侯・伯・子・男からなる「五爵制度」という貴族の身分制度がありました。明治期に幕府から天皇家に政権が交代する際に、ヨーロッパの国々にならった貴族階級が使われることになったのです。

最初は貴族は「華族」で呼ばれましたが、該当者が大勢増えたため、1884年(明治17年)に等級を区別することになりました。そのことにより、爵位を持つ家の代表者とその家族を華族と呼ぶようになったのです。

日本の場合、1つの家が1つだけ持ち、家主が爵位を名乗ります。ヨーロッパの場合は、1人が持つ地位で複数所持が可能ですし、家族や家臣に持つ爵位を分け与えて名乗らせる例もあったようです。

公爵の意味

image by iStockphoto

「公爵」は五爵制度の中で、最も高い身分の爵位を表します。1889年の貴族院令により、公爵の位に就くと、満30歳を迎えると選挙などを経ずにそのまま終身貴族院議員になれる、家の品格を保つために家門永続資金が支給されるという手厚い制度もあったということです。

日本:公家・武家・勲功があった者の家

日本で公爵に定められた家系は以下の通りです。

1.摂関家(近衛・九条・二条・一条・鷹司)摂政や関白に就く家柄・「五摂家」
2.徳川宗家(江戸幕府で征夷大将軍を出した家柄)
3.明治維新で新政府設立に功績があった家
・公家…三条・岩倉・島津・毛利・西園寺・徳大寺・水戸徳川家
・武家のうち、別家を起こすことが認められた者の家…徳川慶喜・島津家光
・政府設立に貢献した者の家…伊藤博文・山縣有朋・大山巌・桂太郎・松方正義

\次のページで「ヨーロッパ:王族につながる家」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: