雑学

簡単でわかりやすい!緩むと弛むの違いとは?読み方や漢字の意味・使い分けも現役塾講師が詳しく解説

この記事では緩むと弛むの違いについてみていきます。どちらも「ゆるむ」と読むことができて、糸のように強く張りつめていたものが、弱くなってしまったときに使う言葉ですが、文章を書いていてどっちの漢字を使おうか迷ったりしたことはないか?「ゆるむ」とはまた別の読み方や細かい意味の違いのあるこれらの言葉を、使い分けまでわかりやすく、国語の講師でもある空野キノコと一緒に解説していきます。

ライター/空野きのこ

大学在学中から文学・国文法や教育について本格的に学び、現在は小中学生に勉強を教えている講師。その知識と経験を活かし、言葉の雑学を中心に分かりやすく解説していく。

「緩む」と「弛む」それぞれ何と読む?

image by iStockphoto

「緩む」と「弛む」、どちらもなかなか難しい漢字ですが読み方はご存じですか?まずはそれらを確認していきましょう。

「緩む」はゆるむと読む

「緩」という漢字は、「緩む」と送り仮名をおくった場合には「ゆるむ」としか読みません

「弛む」には複数の読み方がある!

「弛」の字は、同じように「弛む」と送り仮名をふっても、違う読み方をする場合があります。それは「ゆるむ」「たるむ」「たゆむ」の三つです。おおまかな意味としては同じですが、使われる場面など微妙な違いがあるので、後ほどくわしく説明したいと思います。

「緩む」の読み「ゆるむ」だけ!「弛む」の読み「ゆるむ」「たるむ」「たゆむ」の三つ!

「緩」と「弛」の漢字を詳しく説明

つづいて「緩む」や「弛む」といった言葉についてより深く知るために、それぞれの漢字について着目してみたいと思います。

\次のページで「「緩」の漢字をわかりやすく説明!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: