雑学

簡単でわかりやすい!ゴルゴンゾーラとブルーチーズ の違いとは?世界三大ブルーチーズや青カビについても食いしん坊ライターが詳しく解説

この記事ではゴルゴンゾーラとブルーチーズの違いについてみていきます。どちらもチーズのことです。普段チーズを食べない人も名前は聞いたことがあるでしょう。今回はそんなゴルゴンゾーラとブルーチーズの違いや、ブルーチーズの種類やブルーチーズに生えている青カビについて、食いしん坊ライターaoと一緒に解説していきます。

ライター/ao

子どもの頃からクセの強い、お酒のつまみになるような食べ物が大好きなライター。ブルーチーズも大好きだが、特別な日に食べる贅沢品としている。

ゴルゴンゾーラとブルーチーズの違いとは

image by iStockphoto

ブルーチーズとは、熟成期間に青カビを繁殖させたチーズのことをいいます。一方ゴルゴンゾーラとは、ブルーチーズの一種で、世界三大ブルーチーズのひとつです。

ブルーチーズとは

ブルーチーズは一般的なチーズとは異なり、チーズ全体にカビが生えており独特な見た目をしているので、普段チーズを食べない人でも見かけたことはあるかもしれません。どのような特徴をもったチーズなのでしょうか。ここからはブルーチーズについて詳しく解説していきます。

ブルーチーズ:カビを繁殖させたチーズ

ブルーチーズとは牛乳や羊乳を原料として作られるチーズの一種で、チーズの内側に穴を開けて、組織の中で青カビを生育、内部から熟成させるチーズです。チーズ内部の隙間に大理石状に青カビが生えています。

一般的なチーズと比べると、濃厚でクセのある風味と香りを持ち、塩分が強めなのが特徴。熟成させる青カビはチーズ用に培養された青カビ菌ですが、ヨーロッパでは自然に生える青カビを利用してブルーチーズを作るところも一部にあるようです。

ブルーチーズの歴史

ブルーチーズの起源についてははっきりしたことが分かっていませんが、2000年前のローマ時代の書物にブルーチーズの記述があり、フランスのロックフォール・シュール・スールゾン村の羊飼いの伝説が有名です。羊飼いの青年が休憩中に洞窟でパンとチーズを食べようとした時に、洞窟の前を美しい娘が通り過ぎました。青年はその娘に一目ぼれ。パンとチーズをそのままにしてその娘を追いかけました。

それからずいぶん後になって、置きっぱなしにしていたパンとチーズを取りに行くと、チーズに青カビが生えており、おそるおそる食べてみたところ、驚くようなおいしさだった、という伝説が有名です。洞窟の中で低温熟成されてできたということですね。

\次のページで「ブルーチーズはどうやって作られるの?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: