雑学

簡単でわかりやすい!認知療法と認知行動療法の違いとは?カウンセリング・心理療法との違いも元看護師が詳しく解説

ストレス社会と言われる現代、メンタルの不調に陥る人は多い。そこで心理療法である認知療法、認知行動療法の違いを元看護師でWebライターの近野チカとともに解説していきます。

ライター/近野チカ

元看護師のWebライター。自身もメンタルを病んだ経験から心理学に興味を持ち、勉強したこともある。

認知療法と認知行動療法の違いとは?

image by iStockphoto

偏った者の考え方(認知)を修正していくことで、これをきっかけとする症状などを軽減する精神療法が認知療法です。ストレスなどで凝り固まり狭くなった考えや行動を、柔軟に現実的に考えたり行動するのを援助する心理療法となります。認知療法と行動療法の長所を合わせたのが認知行動療法です。

認知療法:偏った認知(物事の受け止め方・考え方)を修正

image by iStockphoto

何か出来事があったときに自動的に頭の中を流れる考え(自動思考)を誰もが持っています。しかし、抑うつや不安が強い人は歪んだ自動思考を持ってしまうのです。

自動思考の認知の歪みのパターンとしては「全か無か思考」「自責思考」「破局化思考」「情動的推論」「べき思考」「選択的抽象化(心のフィルター)」「良い面の無視」「過度の一般化」「過大評価と過少評価」「ラベリング」「推論の飛躍(恣意的推論)」があります。それぞれ詳しく説明していきましょう。

全か無か思考…実際には白でも黒でもないグレーの状況もあるのに、白か黒かの2種類のどちらかに区分してしまう
・自責思考うまくいかなかったり、悪いことが起こると自分の責任であると考えてしまう。逆に、他者ばかり責めてしまうのは「他責思考」。

・破局化思考他には根拠がないのに最悪の結果が起きると確信してしまう。
・情動的推論…出来事に関して現実的な証拠を無視して、その場の感情に強く影響された推論をする。
・べき思考こうあるべきだ、こうするべきではないと決めつけ、それにもとづく行動をしてしまう思考。
・選択的抽象化(心のフィルター)…物事の全体が見れず、悪い部分ばかり注目してしまい、現実を悪くみてしまう。

\次のページで「認知行動療法:認知療法+行動療法」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: