文化・歴史雑学

簡単でわかりやすい!軍刀と日本刀の違いは?軍刀は所持できない?雑学好きライターが詳しく解説

軍刀の素材は様々

軍刀には日本刀と同じく玉鋼を使用したものもありますが、それ以外にもステンレスや洋鋼で出来たものがあります。戦時中は大量生産の必要にせまられながらも、民間から日本刀などの寄付を募るほど物資が不足していました。そのため、軍刀は玉鋼にこだわらず様々な素材を使って生産されていたんですね。

軍刀に使用されていたステンレスですが、こちらには玉鋼よりもさびにくいという利点があります。風雨にさらされる野外での戦闘や、塩の被害を受けやすい海軍の刀としても有用でした。

違いその3.作り方

image by iStockphoto

続いて、日本刀と軍刀の作り方の違いについてみていきましょう。日本刀作りでは伝統的方法が、軍刀作りでは効率性が大事なポイントですよ。

日本刀は伝統的な方法

日本刀作りには「折り返し鍛錬」「造り込み(つくりこみ)」「焼き入れ」など数多くの工程がありますが、ざっくりまとめると玉鋼を熱し、熱いうちに叩いて形を作り、冷却するという作業です。その中でも代表的な工程が「折り返し鍛錬」。玉鋼の中の不純物を均一にするため、熱した金属を槌で叩いて伸ばし、折って叩いて…と作業を繰り返します。

また、日本刀の特徴としてよくあげられるのが「折れず、曲がらず、よく切れる」というもの。この特徴を実現させるため、日本刀は外側が硬い鋼、内側が柔らかい鋼という二重構造になっています。この2つの鋼を一体化させる作業が「造り込み」です。

「焼き入れ」は、炉の中で高温に熱した刀を水に入れて急激に冷やし、硬くする作業。この温度の見極めが難しく、高すぎると刀身に亀裂が走り、低すぎると十分な硬度が得られません。

軍刀は機械生産されたものもあり

軍刀には日本刀と同じ作り方の物もありますが、機械で大量生産されたものもあります。機械製の軍刀の質は、ものによってさまざま。切れ味や耐久性に難があるものもあれば、日本刀に劣らないレベルのものもあったようです。

伝統的な方法で作られた軍刀「靖国刀(やすくにとう)」

日本刀と同じ方法で作られた軍刀の代表的存在ともいえるのが「靖国刀」です。主に陸軍向けに作られていたこの刀は、作業場が靖国神社の境内にあったことからその名がつきました。この刀を作ろうとしたことがきっかけとなり「たたら製鉄」は消滅を免れたという経緯があります。

\次のページで「違いその4.美術的価値」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: