雑学

簡単でわかりやすい!反論と反駁の違いとは?反駁の読み方や漢字の意味も現役塾講師がわかりやすく解説

この記事では「反論」と「反駁(はんばく)」の違いについてみていきます。非常に意味の似通っている二つの言葉。使い分けに迷う人もいて当然でしょう。今回はその違いについて、国語の講師でもある空野キノコと一緒に解説していきます。

ライター/空野きのこ

早稲田大学在学中から文学や教育について本格的に学び、現在は小中学生に勉強を教えている講師。その知識と経験を活かし、言葉の雑学を中心に分かりやすく解説していく。

反論と反駁のざっくりした違いは?

image by iStockphoto

「反論」と「反駁」の意味はとても似通っていて、「反駁」にいたっては字の難しさから読み方すらわからないという方も少なくないでしょう。本記事では、非常にややこしい「反論」と「反駁」を読み方や漢字の意味からわかりやすく説明していきたいと思います。まずは、両者のざっくりとした違いを見ていきましょう。

反駁は「はんばく」と読む

反駁は「はんばく」と読みます。ビジネスにおける議論やディベートなどに関わる言葉ですので、ふだん暮らしているなかで接する機会はおそらくほとんどないでしょう。

反論:相手の意見に対し、反対の意見を言うこと

「反論」に関しては、わたしが説明するより前から、すでに多くの人が使ったことのある言葉だと思いますが、他人の言った意見・持論・批判などに対して単に反対の意見を言うことを言います。

反駁:議論の飛び交う中で相手の意見に対し、反論すること

「反駁」についてはあまりなじみのない人の方が多いでしょうから、例えばコトバンクのデジタル大辞泉では意味をどのように解説しているか見てみると、

[名]他人の主張や批判に対して論じ返すこと。反論。

(出典:コトバンク)

\次のページで「反駁のより詳しい意味」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: